2007年 12月 01日
ウシハコベ,小さな花です
d0006690_12194152.jpgウシハコベ ナデシコ科 ウシハコベ属
名前の由来はハコベに似ているが,葉が大きいので「牛」の名前が付きました。私の図鑑では,花期は4月−10月となっていますが,年中見られるようです。

昨日,「例の田舎道」で見ました。背丈は20cm位,花の大きさは全体で1cm強の小さな花です。

花弁は10舞に見えますが,それは花弁の1つ1つが深く切れ込んでいるためで,実際は5枚です。

他に「牛」の付く草に,「ウシノヒタイ」とか「牛殺し」と言うのがあります。前者は10月19日に見ましたが,後者はまだ見ていません。

下は「トキワツユクサ」です。ウシハコベの近くにさいていました。私が「例の田舎道」でたくさん咲いているのを見たは5月25日でした。

11月の末に見ることができるとは思ってもいませんでした。ちょっとした気候の異変なのか,常態なのかは分かりません。
[PR]

by gakis-room | 2007-12-01 12:22 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/6660495
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 気温も変化の大きかった11月      知事の不見識,東国原宮崎県知事の場合 >>