2007年 11月 17日
「キダチ」チョウセンアサガオと「コダチ」チョウセンアサガオ
「キダチ」チョウセンアサガオと「コダチ」チョウセンアサガオ
どちらも漢字で書けば「木立朝鮮朝顔」で同じものになってしまいます。そして,どちらも木立性で花も同じような喇叭型で,下をむいてぶら下がる種類です。

手元の国語辞典を見てみたら,「木立」に「キダチ」はありましたが,「コダチ」はありませんでした。欧米ではどちらも「エンゼルス・トランペット」と呼ばれているそうです。

さらに,「木立朝鮮朝顔」と名付けられていますが,原産は朝鮮ではなく,中南米あるいはインド地方です。わが国では外国から渡来したものは何でも朝鮮(チョウセン)や唐(カラ)の名を冠する傾向があるそうで,必ずしも原産地を意味するものではないようです。

何ともはや,ネーミングといい,充てた漢字といい,いい加減で紛らわし限りです。
私の知り得た見分けの違いは花の切れ込みの違いだけです。
  キダチ…花冠の先端は角張り,4−5裂に浅く切れ込む
  コダチ…花冠の先端は角ばらなく,2−3裂に深く切れ込む

私が昨日,「例の田舎道」で見たものは「キダチ」チョウセンアサガオです。20cm位の花が見事にいくつもぶら下がっていました。背丈は見上げる感じでしたから2〜3mでしょうか。

キダチチョウセンアサガオ  ナス科 キダチチョウセンアサガオ属
花は淡黄色から淡紅色と変化するとのことですが,私の見たもの多くが淡紅色でした。
d0006690_1924579.jpg

[PR]

by gakis-room | 2007-11-17 19:06 | 花の手帳 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/6583584
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by saheizi-inokori at 2007-11-17 20:40
いい香りがしますね。毒性と聞きましたが。
Commented by gakis-room at 2007-11-17 21:09
saheiziさん,香りがして,しかもキダチもコダチも毒性があるようです。
Commented by maron415 at 2007-11-17 21:32
この花は、見栄えもするのか、気がつくとよく庭先に植えられていますね。ずっと咲いているような気がします。
「きれいなものには毒がある。」ですか?
コダチ…もあるんですね。さて、私が見たのはどっちでしょう???キダチかな?
Commented by gakis-room at 2007-11-17 21:49
maron415さん,
こんなに目立つのに,私は初めてて見ました。見えていなかっただけだと思います。花期は結構長いようです。


<< 不支持が支持を超えた福田内閣の...      不思議な形です,コウヤボウキ >>