2007年 11月 16日
不思議な形です,コウヤボウキ
d0006690_2163865.jpgコウヤボウキ(高野箒) キク科 コウヤボウキ属

「例の田舎道」で見ました。名前の由来は高野山に関わるようです。

その昔,和歌山県の高野山には竹,梨,胡桃,桃などの竹木がありませんでした。利潤を得る行為を戒めるという意味で、商品作物の栽培が禁じられていたからだそうです。

それで竹箒が作れず,代わりにこの木の枝を束ねて箒を作ったことから「高野箒」の名が付いたといわれています。

また,もう一説では高野山では、机上の掃除をするのに,これを束ねて用いた所から来ている,というものです。

どちらも釈然としない名前の由来ですが,ヒガンバナと同じように,何とも不思議な形の花です。
[PR]

by gakis-room | 2007-11-16 21:09 | 花の手帳 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/6578656
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by saheizi-inokori at 2007-11-16 23:05
丈は大きいのですか?見たことがあるのかな。
Commented by gakis-room at 2007-11-17 06:36
saheiziさん,
花の大きさは全体で2cm位でした。背丈はかがんで写真を撮りましたから50cm位だったでしょうか。草ではなく木だそうです。
Commented by saheizi-inokori at 2007-11-17 20:41
あァ、小さいのですね。それで見ていてもみていないんだ。
Commented by gakis-room at 2007-11-17 21:08
saheiziさん,
この4月以来,見ていても見ていない花の多さを知らされています。見ていても見ていないのは花ばかりではないのですが。


<< 「キダチ」チョウセンアサガオと...      皇帝ダリアで知ったこと >>