2007年 11月 13日
朝の蜘蛛は吉兆だそうですが…
d0006690_181616.jpg朝,洗濯物を干そうとベランダに出てみたら,蜘蛛が巣を張っていました。別段,洗濯物を干すのにじゃまにはなりませんでしたから,そのままにしておきました。

朝のコーヒーを飲みながら,ふとこんな蜘蛛についての言い伝えがあることを思い出しました。

「朝の蜘蛛は敵でも逃がせ、夜の蜘蛛は親でも殺せ」

朝の蜘蛛は吉兆で,夜の蜘蛛は災いをもたらすというのです。まあ,それにしても,「敵でも逃がせ」とか,「親でも殺せ」とは尋常な表現でありません。

先ほど,午後5時過ぎに帰宅しましたが,今現在,私には「吉」なるものはありません。きょうの残余時間は6時間です。はたして私に「吉」はあるのでしょうか。

  ※朝は曇り空でしたから,写真では蜘蛛の糸はほとんど写りませんでした。
[PR]

by gakis-room | 2007-11-13 18:02 | つれづれに | Comments(8)
Commented by maron415 at 2007-11-13 19:03
朝でも、夜でも、見つけたら、蜘蛛の巣はこわします。
で、ほうきの先についた蜘蛛は山に向かって放り投げます。
殺したことになるのでしょうか?
Commented by gakis-room at 2007-11-13 20:48
maron415さん,
吉も凶も放り投げたんですね(笑い)。
Commented by YUKI-arch at 2007-11-13 21:09 x
芥川龍之介の
「蜘蛛の糸」を読んで以来、
雲はそっと逃がすようにしています。

地獄に落ちてはい上がるのはイヤですが、
何となくそんな気持が続いています。
Commented by gakis-room at 2007-11-14 05:58
YUKI-archさん,
私の場合は,ベランダの蜘蛛はそのままにしていますが,部屋の中で見つけた蜘蛛はそっとつまんで外に放り出しています。
Commented by saheizi-inokori at 2007-11-14 07:59
「よくも来た」といって、夜の蜘蛛は大事にしろ、といわれたような記憶もあるのですが。
「よくもきやあがった」の意味だったか。どっちも殺しません。益虫でしょう。
Commented by 高麗山 at 2007-11-14 10:48 x
裏に神社の杜がありますから、蚊が非常に多いのです、身体に当たるとポンと音がするくらいの大きな蚊がいます。
上手く絡め採ってくれているときは大変有難いのですが、不用意に裏庭で蜘蛛の巣に引っかかった時は、竹箒で根絶させてやろうかと思うくらい腹立たしい時があります。
何と、私は身勝手なのでしょうか!
Commented by gakis-room at 2007-11-14 11:01
saheiziさん,
その昔,「虫めずる姫」なんて話がありましたが,あの中に蜘蛛はいたかどうか思い出せません。子供の頃に小枝の二股に蜘蛛の巣を巻き取って,虫を捕った以外に,蜘蛛で遊んだ記憶はほとんどありません。
Commented by gakis-room at 2007-11-14 11:05
高麗山さん,
草の「ひっつき虫」も同じですね。遊んでいるときは機嫌がいいのに,ズボンなんかにひっついたひには,なかなかとれなくて腹立たしく思ってしまいます。


<< 見てみたい,復元された乾清宮      冬の到来をつげるもの >>