2007年 11月 08日
肌寒い民主主義の貧困,きょうは立冬です
d0006690_18391820.jpgきょうは立冬です。それに敬意を表してなのでしょうか,今朝の最低気温はこの秋一番の冷え込みで,5.7度でした。

冷え込みと言えば,この国の政治の冷え込み方も尋常ではありません。小沢代表の涙目の留任演説も,それに至る「党内の留任要請の大合唱」,さらには←辞任表明←大連立の破綻←党首会談も嘘ら寒さが募ります。

新聞情報によれば,最初に「大連立ありき」だったようですが,ドン某も含めて寄って集って民主主義の原則を壊しにかかっているようです。

私の考えははっきりしています。権力の正統性は国民による負託が唯一の根拠です。しかし,国民の負託もないまま,安倍内閣は「美しい国造り」だとか,「戦後レジームの脱却」だとか,好き勝手をわめき散らして,政権放棄をしました。

この段階でも,権力の正統性を担保するために民主党選挙管理内閣をのもとで,解散総選挙が必要でした。しかし,民主党はそれを一度たりとも要求することはありませんでした。

そして,福田内閣が国民の負託のないまま成立しました。その挙げ句に福田・小沢両氏は,国民にとっては寝耳に水,青天の霹靂,パチンと割れたシャボン玉,いいえ民主主義とでも言うべきでしょうか,「連立」騒ぎです。まことしやかにさらなる擬制をつくりだそうとしました。

この1週間に私が確認できたことは,解散・総選挙は早ければ早いほどいいということ,自民党も民主党も「権力の正統性」を根拠にした「政権担当能力」がないと言うことでした。
[PR]

by gakis-room | 2007-11-08 18:44 | つれづれに | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/6529656
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ume at 2007-11-08 21:09 x
貴ブログで度々登場する言葉に、「政権担当能力」があります。小沢代表は会見の席で自ら民主党の「政権担当能力」を否定しました。しかも、そんな党首に対して、「やめないで!」の大合唱。「選挙用の顔」として安倍を党首に選んだ自民党は参院選で惨敗。今度は民主党が「選挙用の顔」として、それでもやっぱりと「小沢」を選択。う~ん 日本ってそんなにも人材不足なのでしょうか。これから冬ごもりに入る私にとっては何とも不安な出来事です。
Commented by saheizi-inokori at 2007-11-08 21:12
選挙をやってもよくはならないでしょうが、それは国民の自業自得ということですかね。ナンだかいっぱい飲みたくなりました。
Commented by gakis-room at 2007-11-09 17:15
umeさん,
民主党全体が恭順して,小沢チルドレンになってしまったような感じです。それほどまでに,彼の離党が怖かったのでしょうか。「逃亡奴隷の群れ」そんな言葉を思い出してしまいました。
Commented by gakis-room at 2007-11-09 17:20
saheiziさん,
「政府の悪さは国民の悪さに比例する」という言葉を思い出します。それでも民主主義の手続きを無視して,「連立志向」とは最悪の選択のように思いました。


<< 初めてのフウセンカズラ      これも春の花ですが,タネツケバナ >>