2007年 10月 23日
昔なじんだ草,チカラシバ
d0006690_7522442.jpgチカラシバ(力芝)  イネ科チカラシバ属
どこでも見られるありふれた草です。引き抜くのが容易でないので,この名前がついているそうです。

子供の頃,ブラシのような花穂をしごいて集めて遊んだことを思い出します。もっとも,衣服に付くとなかなかとりづらかく苦労しました。

昔からよくなじんだ草ですが,「チカラシバ」との名前を知ったのは最近のことです。同じように衣服に付けて遊んだものにオナモミがあります。

大豆ほどの大きさでトゲがたくさんついています。オナモミの名前も最近知りました。一体,子供の頃はなんと呼んでいたのでしょうか,思い出せません。
[PR]

by gakis-room | 2007-10-23 07:53 | 花の手帳 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/6427333
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Dora at 2007-10-24 23:51 x
「ひっつきむし」ではありませんか?少なくとも、私や周りの人はみんなそう呼んでました。
Commented by gakis-room at 2007-10-25 04:00
Doraさん,
そうです,「ひっつきむし」のことですが,それを子供の頃そのように呼んでいたのか思い出せないのです。


<< トキワサンザシの実の赤さだけが...      コセンダングサとアメリカセンダングサ >>