2007年 10月 20日
阪急電鉄の挫折,「優先座席」を8年半ぶりに復活
「お年寄り」とは何歳ぐらいからのことをいうのでしょうか。電車,バスの「優先席」には,「お年寄り,体の不自由な方…」となっていますが,私はまだ,利用したことがありません。初めて利用するときには,どんな感じがするのでしょうか。

どこかで,「まだ若い」という自惚れがあるのでしょうか。いいえ,体力,気力もどこから見ても若くはなく,すでに以前から私の「劣化」は始まっています。「若くはない」のではなく,「初老」を自認しています。

しょろう【初老】
肉体的な盛りを過ぎ,そろそろからだの各部に気をつける必要が感じられるおよその時期。〔もと,四十歳の異称。現在は普通に六十歳前後を指す〕(新明解国語辞典)


もし,電車,バス内で若い人から席を譲られたら,私はお礼を言って,着席するのでしょうか。それとも「いえ,いえ」と手を横に振るのでしょうか。残念ながら,電車,バス内で若い人から席を譲られたことがありません。

阪急電鉄が今月の29日の始発から,全車両に「優先席」を復活します。8年版振りのことだそうです。私は阪急電鉄をほとんど利用しませんから知りませんでしたが,同社は「優先席以外では席を譲る必要がない」という風潮が広がることを懸念して,「全席を優先席と考えるべきだ」という観点から,1999年4月に「優先席」を撤廃しました。

しかし,阪急電鉄の意図は頓挫しました。「だれもがどの席も譲り合う環境づくりに務めてきたが定着せずに残念。PR不足だったかもしれない」とは阪急電鉄の弁です。「『全席譲り合う』理想 モラル低下に勝てず」とは,これを伝える18日の産経新聞の見出しです。
[PR]

by gakis-room | 2007-10-20 14:11 | つれづれに | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/6408910
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by saheizi-inokori at 2007-10-21 09:57
優先席があっても変化があるのかなあ。東京ではあまり関係ないように思いますが。
Commented by gakis-room at 2007-10-21 14:47
saheiziさん,
多分,変化はないと思います。優先席でメールを操作している若者は関西にもゴマンといます。
Commented by Count_Basie_Band at 2007-10-22 15:36
私はお礼を言って,着席しますよ。
一生の間に何度遭遇するか分からないほど貴重な体験じゃありませんか。

逆に、明らかに私より年長の人や障害者の人が立っている前で大股広げて居眠りしている男子学生を見たら向こう脛を蹴飛ばし、ケータイに夢中のネエチャンならつま先をチョッチョンつついてから「コチラサンニ席譲ッテ上ゲンカイ」と大阪弁で脅します。

バイリンガルの強みです。それともヒゲや服装が武器になっているのかな。
Commented by gakis-room at 2007-10-22 17:30
Count_Basie_Bandさん,
まだ一度も遭遇していない体験をしてみたいですね(あるかな?)。


<< キノコ3種      ウシノヒタイ,花の名前です >>