2007年 10月 15日
哀しき1億本・福井市宮ノ下「コスモス広苑」
1億本のコスモスをきょう,見てきました。まさしく,一面のコスモスです。コスモス栽培は,1993年,一農家が大量に栽培して話題になったことから始まりました。2年後の1995年に「第1回コスモスまつり」が行われました。今年で13回目です。なお,1999年の第5回から正式名称が「福井コスモスまつり」になりました。
d0006690_2331446.jpg

コスモス広苑の隣は一面の蕎麦の花です。遠くのコスモスの花との対比がきれいでした。
d0006690_2332339.jpg

指定された場所では「切り花」も出来ます。もちろん無料です。
d0006690_2332582.jpg

「世界のコスモス」苑もあります。たくさんありましたが,名前のおもしろいもの3種です。
d0006690_23351656.jpg
d0006690_234016.jpg【哀しき一億本】
小さな売店がありました。地区で当番を決めて店番をします。そこのオバサンの話です。

コスモスが栽培されたのは,「転作」のためです。つまりは「減反政策」で稲作ができなくなったことによるものです。ですから,コスモス畑は毎年少しずつ移動します。

本当はこの時期,1億本のコスモスではなく,黄金の稲穂がこの地の願いのようです。
[PR]

by gakis-room | 2007-10-15 23:07 | 花の手帳 | Comments(4)
Commented by ume at 2007-10-16 06:30 x
美しいお花畑の陰に悲しい現実があるわけですね。当地区ではかつて開拓事業で切り開いた田んぼが減反対象になった時、盛んに「ソバ」を植えました。行政は植え付けを確認できれば、収穫しなくとも補助金を出してくれました。このソバはそのまま翌年田んぼに鋤き込みました。田んぼ一面のソバの花はきれいでしたが。
Commented by maron415 at 2007-10-16 09:40
減反政策あるんでしょうね。以前見に行ったところのは、もと田んぼだったところをという感じでした。(すぐ横に、温泉施設とかショッピンク゜モールとかがあるのですがね。)春は菜の花植えています。
あの、この日に福井のほう行かれたんですね。じゃあ、前の日は東京さ~いたのかな?(遠出の秋を楽しんでいますね。)
Commented by gakis-room at 2007-10-16 17:54
umeさん,「このソバはそのまま翌年田んぼに鋤き込みました」って,切ない話ですね。労働への奨励金ではなく,非労働への補助金は「悪政」の極みであるとは,以前からの私の持論です。
Commented by gakis-room at 2007-10-16 18:02
maron415さん,1泊2日で14日に東京から帰りました。昨日の福井は日帰りです。結構,思いつきで動くことがあるんですね。昨日,「そうだコスモス広苑に行こう」と決めたのは,11時過ぎのことでした。
次はどこへ? 思いつき次第です(笑い)。


<< ミズヒキに出会いました      2つの仏像,その原初的な違い >>