2007年 10月 03日
鮮やかさを超えた濃い黄色・キクイモ
d0006690_213723.jpgキクイモ(菊芋) キク科 ヒマワリ属

「例の田舎道」です。鮮やかさを超えた濃い,濃い黄色の花はよく目立ちます。

高さは2m程度になるとのことですが,草の生い茂った窪地から顔を出しているものを,土手の上から見ているので,私には実際の背丈はわかりません。

栽培種が野生化したようですが,とても強い繁殖力があるようで,辺り一面に咲いています。ちょっとした景観です。

地下には生姜に似た小さなイモができ,それでキクイモ(菊芋)という和名がついたようです。

キクイモの主成分は食物繊維と難消化性の多糖類イヌリンで, 通常の芋類と異なり、デンプンはほとんど含まれないので,健康食品として顆粒やお茶にもなっているようです。

よく似たものに「イヌキクイモ」があります。ネットで調べてみても違いがよくわかりません。イヌキクイモの花期が7〜8月とありましたから,キクイモと考えることにしました。
[PR]

by gakis-room | 2007-10-03 21:37 | 花の手帳 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/6295237
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by saheizi-inokori at 2007-10-04 08:04
いつの間にかお腹にいれているのでしょうか。そ知らぬふりして憂いやつ。
Commented by gakis-room at 2007-10-04 09:04
saheiziさん,「スズメ」のついた草花も多いですが,「イヌ」はもっと多いようです。さっと見ただけでもこれだけありました。27種です。
イヌエンジュ(犬槐),イヌガヤ(犬萱),イヌガラシ(犬芥子),イヌガンソク,イヌグス(犬楠),イヌコウジュ(犬香需),イヌコリヤナギ(犬行李柳),イヌザクラ(犬桜),イヌサフラン(犬サフラン),イヌザンショウ(犬山椒),イヌシデ(犬四手),イヌショウマ(犬升麻),イヌタデ(犬蓼),イヌツゲ(犬柘植),イヌツルウメモドキ,イヌトウバナ(犬塔花),イヌナズナ(犬なずな),イヌニッケイ(犬肉桂),イヌヌマトラノオ(犬沼虎の尾),イヌハッカ(犬薄荷),イヌビエ(犬稗),イヌビユ(犬ひゆ),イヌビワ(犬枇杷),イヌブナ(犬撫;犬椈),イヌホオズキ(犬酸漿),イヌマキ(犬槇),イヌムギ(犬麦)
Commented by maron415 at 2007-10-04 10:19
イヌフグりは?いや、「イヌ」のついた…って言ったら、まず思い出してしまいました(笑)
エノコログサも「いぬころ草」からですね♪
ネコはある???
Commented by gakis-room at 2007-10-04 18:35
maron415さん,そうそう,イヌノ…とかオオイヌノ…がありました。
猫もあります。ネコジャラシ(猫じゃらし),これはエノコログサ,つまりは「いぬころ草」。
他にネコノシタ(猫の舌),ネコノヒゲ(猫の髭),ネコノメソウ(猫の目草),ネコノチチ,ネコノメソウ,ネコハギ,ネコヤナギ,ネコヤマヒゴタイ…
Commented by ピョルスニ at 2007-10-04 23:58 x
キクイモの花は、こんなに鮮やかな黄色い花だったのですね。初めて知りました。キクイモは、長野へ旅行したとき、野菜の直売所でたくさん売られていて、買ってきました。最近では、湖西の野菜の直売所でも売っていて、たまに買います。イモといっても、全然ホクホクした食感はなくて、シャリシャリした感じです。私は、酢の物やきんぴら風にしていただいています。
Commented by gakis-room at 2007-10-05 07:42
ピョルスニさん,私は食べたことはありませんが,けっこう美味しそうなんですね。


<< 産経新聞がおもしろい・その2,...      産経新聞がおもしろい >>