2007年 09月 20日
この異常な政治空白・国家の責任者不在はなぜ問題にされないのか
「政治空白」をつくらないためにと,安倍首相が続投を表明したのが7月29日でした。それからきょうまで53日間の政治空白が続いています。しかし,もっとも醜悪な辞任表明をした今月12日からは単なる政治空白ではなく,国家の責任者不在の状態です。

与謝野官房長官は「首相臨時代理」を置かない理由として,「病院から官邸までパトカー先導なら5分」としていますが,これは安倍首相が正常であることが前提です。しかし,事態はそう簡単ではないようです。

以下は産経新聞(web版,19日23時49分配信)の記事です。
安倍晋三首相は19日夕、入院先の都内の病院で与謝野馨官房長官と面会し、独立行政法人や政府系金融機関の人事などに関する報告を受けた。
 医師団や周辺によると、「首相は与謝野氏らに会うときは気力を振り絞ってちゃんとしているが、普段はもっと疲れており、悪循環過程に入っている」という。
 与謝野氏は首相との面会後、退院の見通しについて記者団に「すぐれて医師団の判断によるものだ」と述べ、公務復帰のめどが立っていないことを明らかにした。このため、政府筋は「医師団の判断次第で、首相不在のまま(25日に)内閣総辞職することもあり得る」との見通しを語った。


しかし,時事通信は「首相動静(9月19日)」を以下のように伝えています。

  午前8時現在、入院先の東京・信濃町の慶応大病院。
  午後0時現在、慶応大病院。
  午後4時49分、与謝野馨官房長官が入った。
  午後4時59分、与謝野氏が出た。

  20日午前0時現在、入院先の慶応大病院。

つまりは,与謝野官房長官の面会時間は実質数分で,その数分間に「独立行政法人や政府系金融機関の人事などに関する報告を受け」たとのことですから,「首相は与謝野氏らに会うときは気力を振り絞ってちゃんとしている」のは数分間で,会話らしい会話はほとんどなかったと考えるのが自然であるように思われます。

時事通信の「首相動静」によれば,17日は訪問者なし,18日の訪問者は「午前10時39分から同48分まで,千代幹也内閣総務官。閣議書に署名」だけです。

こうした国家の責任者不在は首班指名が行われる25日午後まで続くことになります。民主党の「政権担当能力」を問うよりも,政権与党の「危機管理能力」はもとより,「政権担当能力」がなぜ問われないのか,私には不思議なことです。
[PR]

by gakis-room | 2007-09-20 06:41 | つれづれに | Comments(6)
Commented by saheizi-inokori at 2007-09-20 08:12
繰り返しになるけれど民主党は歯がゆいです。
Commented by gakis-room at 2007-09-20 08:56
saheiziさん,民主党の政治オンチ,センスのなさには私も苛立ちがつのります。
Commented by maron415 at 2007-09-20 09:39
どうにもならなくなって、あわててという感じの辞任なんだなあと…
で、もう抜け殻状態みたいですね。おそらく身体的なことでないぶん、何かあったときの判断が責任もってできるのかと思うのが自然かと思います。(今、結局はんこおし状態だろうし…)そうなったら普通は、代わりの人を早急にと思うのですが、自民党はそうは思わなかったみたいですね。
Commented by 高麗山 at 2007-09-20 12:55 x
「首相臨時代理」を置かないのは、本人の発案でしょうか、本人抜きの閣僚会議で決めたのでしょうか?
いずれにしても、"正常な"判断を下しているとは思えません!

教育再生会議が描いた、道徳教育の格上げ構想、「徳育」の教科化が凍結され、国民には先ずは良かったのですが、平沢勝栄議員に頼んで、慶応病院の個室で「徳育の」個人教育を、彼にだけしてやれないものかと考えています!       平沢議員も、ヒョットシテ欠格者か?
Commented by gakis-room at 2007-09-20 18:23
maron415さん,「首相不在のまま内閣総辞職」までいくみたいですから,ダメさ加減は首相だけでなく,この政党全体に染みこんでいるようです。それでいて,テロ特措法についてはアメリカに泣きついて「ナンとか感謝決議」の策を弄する智慧だけは持ち合わせているようです。
Commented by gakis-room at 2007-09-20 18:29
高麗山さん,彼は「徳育」なんて高尚なものは受け付けません。それ以上に,かの党全体がダメな所まで来ているようです。中学で言えば「公民的分野」,高校で言えば「現代社会」か「政治経済」が履修漏れのようですから,緊急議員総会で補習が必要なようです。


<< 衆議院解散・総選挙についての3...      いったんは地上から消えて,蘇るツルボ >>