2007年 09月 19日
いったんは地上から消えて,蘇るツルボ
d0006690_12262697.jpgツルボです。「近くの公園」たくさん咲いています。6月23日に書いた「ネジバナ」ほどではありませんが群生に近い感じです。

高さは20〜30センチくらいで,花の1つは5ミリくらいで,薄紫色です。右下の写真の緑色した球は実のようです。

手元の図鑑では,「土手などに一面に咲く姿は美しい」とありましたが,容易に想像できます。

早速,「自転車の遠乗りで」とは思いますが,何せこの暑さですからためらってしまいます。きょうもすでに30度を超えて真夏日です。(9月の真夏日はこれで15/19日)

【ツルボ】 ユリ科 ツルボ属
漢字では「蔓穂」と書きますが,意味は不明だそうです。また,別名をサンダイガサ(参内傘)と言い,公卿が宮中に参内するときに従者が差しかけた傘をたたんだ形に似るためらしいとのことです。しかし,私にはイメージできませんでした。

地下には2から3センチの卵球形の鱗茎があり,これを水によくさらして煮て食べたり,粉にして餅(ツルボ餅)を作ったそうです。どんな味なんでしょうか。

春,3月の終わりごろ,葉を出します。しかし,この葉は1ヵ月ほどですぐに枯れてしまいます。ですから夏は地上部なしです。

そして,秋のお彼岸頃に蘇り,茎をだし,花を咲かせます。咲き始めは土筆そっくりだそうですが,「近くの公園」でそれを見ることはできませんでした。

【訂正】
この花はツルボではなくコヤブランでした。「ツルボを庭で育てている者」さんからのコメントで教えて頂きました。(10月2日)

[PR]

by gakis-room | 2007-09-19 12:28 | 花の手帳 | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/6180165
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by maron415 at 2007-09-19 22:02
謎の紫の花?だったんです。名前がやっとわかりました。ありがとうございます。そう、彼岸花みたいに、茎だけが、すっと伸びて、花が咲いています。
Commented by ume at 2007-09-19 22:44 x
「近所の公園」は植物園の中にあるのでしょうか?
あるいは、近所の公園」の中に植物園があるのでしょうか?
植物園のように草花を育む公園に幸あれです。

田舎暮らしの割には「ああ、あれだな」と思い出される草花が少ないのにはガッカリです。生態系が多少違うにしても、思い当たる草花があまりにも少なすぎです。
田舎道をいつもボンヤリ歩いているからでしょうか?
Commented by gakis-room at 2007-09-20 04:36
maron415さん,ネジバナの時も宗だったのですが,ツルボを見つけた時,「おや,まあ」と言うのが実感でした。あわてて,カメラを取りに家に帰ったものでした。もう一つ見つけました。シロバナブラシノキです。
Commented by gakis-room at 2007-09-20 04:39
umeさん,「近くの公園」の近くに住んで20年以上になりますが,今年の春まで,つまりは草花に関心を持つまでは,「近くの公園」にこんなにもたくさんの草花があるとは知りませんでした。この秋にはどんな草花に出会うか楽しみです。
Commented by ツルボを庭で育てている者 at 2007-10-02 03:44 x
恐れ入ります、、、
ツルボを検索していて たまたまこちらを見つけてしまいました

決着がついている所を恐縮なのですが
これは ヤブランであろうと思います
実がヤブランの実に似ている事、
花の1つ1つの形状が異なることから
間違いないと思います

よそさまのHPからの引用で申し訳ありませんが、
ツルボとヤブランの花の形状がよくわかるサイトを
ご紹介しておきます。

ツルボ
http://www.shinjukugyoen.go.jp/migoro/plant/tsurubo.html
ヤブラン
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/ko-yaburan.html
Commented by ツルボを庭で育てている者 at 2007-10-02 03:46 x
追記です。ヤブランの仲間には違いありませんが、
「コヤブラン」に訂正いたします。
Commented by gakis-room at 2007-10-02 07:01
ツルボを庭で育てている者さん,教えていただいてありがとうござます。早速,訂正をしました。これからもよろしくお願いいたします。


<< この異常な政治空白・国家の責任...      白からピンクに変化します・ランタナ >>