2007年 09月 13日
なぜ民主党は政権委譲を要求しないのか
自民党の総裁選挙に向けていろんな顔が取り出さされている。中には,小泉再登板なんてのもある。いずれにせよ,それぞれの顔が自己の政見・政策をはっきりとさせて,じっくりと時間をかけて新総裁を選出したらよい。何せ,選挙の顔だけで選出したことによって参院選で大惨敗をきっし,自壊したのだから,自民党にとっての教訓は「同じ轍を踏まない」ことだ。

読売,朝日,毎日,日本経済,北海道,河北新報,産経(主張),中日(東京),神戸,中国,西日本のきょうの社説を読んでみた。いずれも,自民党政権の存続を前提に論説している。例外は中日(東京は同一社説)と毎日だけであった。

毎日は「民主党に政権をいったん渡し、その選挙管理内閣のもとで解散をしてもいいほどの体たらくだ」として,恐る恐る政権委譲に触れている。

私にとって比較的すっきりしているのは中日である。
…このまま後継の総理総裁を選んでは、安倍氏同様、政権選択の審判を受けない自公政権が続いてしまう。潔く下野するか、衆院解散・総選挙で出直す。選択すべき道は二つに一つである。

安倍首相の退任は単なる退任ではない。政権放棄である。これまでも首相の辞任は数多くあった。しかし,それらはすべていずれも辞任である。しかし,今回は政権放棄である。しかもおぞましい限りの政権放棄である。政権を放棄したのであるから,民主党は「政権委譲」を断固要求すべきである。しかし,民主党もメディアと同じように自民党政権を前提に早期解散しか求めていない。私には理解しがたいことである。

参院選で歴史的大勝利をした後,小沢代表は「常時戦場」として,衆議院総選挙に備えよと檄をとばしていた。政権奪取の具体的意欲の表れと伺えた。しかし,今現在,自民党政権による早期解散しか求めていない。ことは,民主党が「政権委譲」を要求して自民党が応ずるかどうかの問題ではない。私にとっては代議制民主主義の原理の問題である。
[PR]

by gakis-room | 2007-09-13 21:16 | つれづれに | Comments(4)
Commented by saheizi-inokori at 2007-09-13 21:46
自民党は出場停止、自宅謹慎ですね。
Commented by gakis-room at 2007-09-13 23:21
saheiziさん,20代の横綱にとって,唯一知り得た情報が親方からの携帯電話でしかなかった,という事情はいささかの同情があります。しかし,自民党は「閉門」どころか「蟄居」すべきだと思っています。
Commented by ume at 2007-09-14 06:49 x
民主党に政権が移ったとして、問題はその後です。転移している病巣ををどうやって治療していくのか。今の民主党の顔ぶれを見るとあまり期待できません。政治にばかり治療を任せるのでなく、国民一人一人が医療団に加わる意識が必要。
Commented by gakis-room at 2007-09-14 17:09
umeさん,もとより民主党に政権が移っても問題の根本的な解決はないでしょう。しかし,民主党選挙管理内閣よる早急な衆議院選挙,これしか民主主義のシステムを救う道はないように思います。
そして,重要なことは05年9月の国民の小泉支持が安倍内閣を作り出したということです。その自覚を国民がどれだけなし得るのか,それが決め手のように思われます。
「政府の悪さは国民の悪さに比例する」(ヘーゲル)


<< いろんな花があります,フサフジウツギ      自民党は民主党に政権をわたし,... >>