2007年 09月 05日
藤の実の味はどんなんでしょうか
d0006690_12352539.jpg「近くの公園」にちょっとした藤棚があります。そこで「藤の実」を見ました。長さは15〜20cmくらいで,大きな豆のようです。高くて手が届きません。

調べてみると,ずいぶんと堅く,中におはじきくらいの豆が4,5粒入っているようです。12月ころになると大きな音とともに自然に弾けるのだそうです。

自然に弾けるのを見るのは難しそうですから,無理をしてでももぎ取ってみたい誘惑に駆られますが…。

岡山県玉野市の渋川公園には全長約900mメートルの藤棚があるそうです。玉野市のホームページでは「日本一の長さを誇る藤棚」とありました。こんなことも書かれています。

…この藤の実から製造するお酒「渚百選たまの藤ロマン」,「藤味うどん」は玉野の特産品として販売されており,好評を得ています。

藤の実が食べられることを初めて知りました。どんな味なんでしょうか。
[PR]

by gakis-room | 2007-09-05 12:36 | 花の手帳 | Comments(8)
Commented by maron415 at 2007-09-05 14:46
<この実を炒めて食べると・・・美味なのです!まるで・・・銀杏みたいに!>って、ある人が書いていました。
ただし、豆類は毒を含むものが多いから、生豆をたくさん食べるとお腹をこわすらしいです。
酒にうどん…梅の実みたいな感じで入っているのかな?
Commented by guppilove at 2007-09-05 15:13 x
お久しぶりです!! 玉野市といえば我が故郷です。はい。
あの「藤棚」は、日本一の長さだったのですね。知らなかったです。
Commented by saheizi-inokori at 2007-09-05 16:20
手裏剣にして遊びました。痛かった!
Commented by 高麗山 at 2007-09-05 16:50 x
餓鬼大将の高麗山は、配下を集めて指揮官の言うことを聞かない連中を、鉈豆で”コツン”とやっつていました。
それにしても、食べられるとははじめて知りました。
Commented by gakis-room at 2007-09-05 18:02
maron415さん,玉野市観光協会では「渋川の藤棚の実を醸成した日本で初めてのリキュール酒」とありました。また,写真から見ると,「梅酒」みたいな感じではないようです。
銀杏みたいな味ですって!「花盗人」ならぬ「藤の実盗人」してみたくなりました(笑い)。
Commented by gakis-room at 2007-09-05 18:07
guppiloveさん,お久しぶりです。玉野市が故郷なんですね。宇高連絡船の宇野のあるところとは知っていましたが,漁港でもあることを初めて知りました。900mの藤棚,見てみたくなりました。
Commented by gakis-room at 2007-09-05 18:10
saheiziさん,手裏剣ねえ。こどもには格好のおもちゃですね。昔は自然が与えてくれるおもちゃがたくさんありました。女の子はメヒシバの花穂を上手に折ってかんざしにみたてていました。高麗山さんはエノコログサでも遊んでおられたようです。
Commented by gakis-room at 2007-09-05 18:21
高麗山さん,コツンとやった「鉈豆」とは,藤の実の俗称ですか,それとも福神漬けに入っている「鉈豆」のことですか。鉈豆は30〜40センチになるそうですから,堅ければ,まさしくガキ大将の指揮刀ですね。


<< ミソハギでしょうか      問われているのは健全な与党そし... >>