2007年 08月 23日
8月23日 処暑,涼しく静かな朝です
昨日は,クーラーの中で高校野球の決勝戦を見ていました。高校野球を見るのは,昨夏の決勝戦以来のことです。試合は好試合で,音量を極力抑えた私は十分に楽しみました。公立校が優勝したということで,予想したように,今朝の朝日新聞は「満面の笑み」です。
  「いつも好奇心 県立生快進撃」(1面)
  「普通の高校生たちの快挙」(社説)
  「公立校V 球児励ます」(スポーツ面)

こんな文面もありました。
…公立校と私立校の激突は,特待生のいない佐賀北に凱歌があがった
…甲子園常連校と違って,ナイター設備も屋根付きブルペンもない。もちろん,昨夏優勝の早稲田実が使った「酸素カプセル」もなかった

昨年の決勝戦の両投手はともに野球留学でしたが,朝日新聞は「酸素カプセル」を含めて批判的な記事を書きはしませんでした。つまりは,高校野球はいつも美談に終始しているようです。このあたりがテレビ中継を含めて私を高校野球から遠ざけている理由かも知れません。

産経新聞にこんな記事がありました。8回の連続四球の判定への広陵の監督談話です。
…あれ,おかしいでしょう。ビデオを見たら誰でもわかる。言いたくないし,言ってはだめだけど,選手は勝つために死ぬ気で練習してきたから

もちろん,この球審への判定批判は朝日新聞にはありません。

8月23日(旧暦7月11日)
きょうは24節気のうち,「処暑」です。「暑さが止み,朝夕には涼気が漂う」とのことです。奈良の9時現在の気温は22.5度で,昨日の同時刻の31.6度に比べて9.1度も低く,窓からは涼しい風が入ってきます。クマゼミもおとなしくしています。

しかし,この涼しさは未明からの激しい雷雨のせいで,午後からは30度を超えると予想されています。それでも8日間続いた猛暑も一休みかと思えば,なんとなくほっとします。
[PR]

by gakis-room | 2007-08-23 11:04 | つれづれに | Comments(8)
Commented by saheizi-inokori at 2007-08-23 12:23
帝京戦でもテレビで見ているとちょっと違うかなという判定がありました。
そういう運も含めて佐賀は頑張ったというべきでしょう。決勝はみていなかったけれど。
高校野球は郷土愛やら”純真”という形容詞がくっつくから少しでもそこに触れることを書いたら大変でしょう。
高校時代に応援練習のやり方が野蛮だと意見を言ったら(一年のとき)、校内を歩いていると聞こえよがしに「あいつか!やっちまえ」みたいな声を聞きました。みんなが一緒にやっていることに文句を言うのは許さないという空気が、あれで自由な学校の方でしたが、あったのです。
Commented by 高麗山 at 2007-08-23 13:41 x
何度も言いますが、連盟や審判を批判してはいけないと言うような、時代やスポーツの世界ではなくなってきているはずです。
「教育の場であるから批判は…」の記事が圧倒的ですし、あの悪名高き“田名部和裕参事”が即座に反応しています!
審判委員長であり、高野連会長でもある脇村春夫会長は、ノーコメントを貫いているのに!!
「スポーツの世界であろうと教育の場であろうと」批判性を封じるところには、進歩をおとずれない。。。
Commented by maron415 at 2007-08-23 14:36
公立校が優勝したということは、うれしいことなのね。
高野連は佐賀北に勝ってほしかったのかな?
教育の場であるから、よけい公平にしてほしいとは思います。

いっそ、テレビ中継なくしたら、こんなに騒がれない?
Commented by gakis-room at 2007-08-23 16:04
saheiziさん,他の種目ですが,「ゲームをつくる審判」との風評のある人がいました。野球の球審にもそんな人がいるのかも知れません。とはいえ,佐賀北はいいチームでした。私の場合,その褒め方,讃え方が気に入らぬ,というだけのことかも知れません。
Commented by gakis-room at 2007-08-23 16:16
高麗山さん,田名部和裕「参事」について,「参事」って何だろうと高野連のホームページを見てみましたが,役員名簿の中にはありませんでした。田名部和裕氏は会長推薦の理事になっていました。この人,例の特待生問題で該当校のあまりの多さに,涙目の記者会見をした人ですよね。どこかに「高校野球の改革はお前が辞めることから始まる」と書いてありました。「教育の一環」を言いながら,他のクラブとのバランスを欠いた「野球至上主義と高野連専制主義」に気付かないのですから,お粗末この上ありません。
Commented by gakis-room at 2007-08-23 16:32
マロンさん,高野連全体かどうかは知りませんが,何人かの役員は佐賀北が勝って,これを自己の理念の発現として,嬉しくて仕方がないのではないかと私は思っています。私が高野連をうさんくさいと思っている一つに,9月上旬の「日米『親善』野球」に学校を休ませて派遣することです。公式試合でもない「親善」試合に1週間余も学校を休ませるのであれば,「教育云々」は言わないことです。
Commented by ume at 2007-08-23 19:13 x
歯痛や風邪で体調を崩したとき、早く苦痛から逃れて健康状態に戻りたいとは誰しも思うことですが、一晩で体調が戻り、苦痛が消えていると、一抹の寂しさを感じることがあります。「もう少し苦痛を楽しみたかったのにな」と思うのは私だけでしょうか。燃えたぎるような太陽が、少しずつ老成し始めると、灼熱の太陽に愛おしさを感じます。もう少し暑くてもよかったのにな。今年の夏は、とうとうクーラーなしで過ごしました。
Commented by gakis-room at 2007-08-24 10:50
umeさん,奈良の場合は,涼しかったのは昨日だけ。きょうは午前10時には30度を超えてしまいました。
>灼熱の太陽に愛おしさを感じます
愛おしさ,と言うよりも「いっそのこと記録を更新せよ」といった「やけっぱち」の感じになっています。


<< 言葉の使い方ふたつ・ねじれ現象...      秋の楽しみ >>