2007年 08月 05日
ガマの穂
d0006690_16521480.jpgいつも行くスーパーへの路傍の溝で見ました。ガマ(蒲)の穂はこれまで写真や活けられたものとしてしか見たことがなく,生えているものを見るのは初めてのことです。

これまでの私の知識では,ガマは池の周囲や湿地に生えると思っていましたから,町中の路傍の溝に生えているのを見るのは驚きでした。

花は,雄花(おばな)と雌花(めばな)とが連続しており,やがて雄花は写真のように白くなり,飛び散ってしまいます。

生け花で見るガマは,この雄花が飛び散った後のものが使われているように思います。ちょうどフランクフルトソーセージを串で突き刺したような感じです。

帰り道,自然に「因幡の白ウサギ」を口ずさんでいました。秋になると雌花は白く綿のようになるそうです。白ウサギがくるまったのはこれかと思います。
[PR]

by gakis-room | 2007-08-05 16:56 | つれづれに | Comments(0)


<< クマゼミの鳴き声は断じて「夏の...      本人以外は言うこともためらわれ... >>