2007年 07月 31日
あきれ果てた安倍首相の記者会見
30日午後,安倍首相は参院選の大惨敗を受けて記者会見し,「政治の空白は許されない」と続投を正式に表明しました。また,「国民の声をうけて人心を一新する」とも言いました。この場合,「人身の一新」とは,本人を除く他を入れ替えるという「永田町用語」です。

つまりは,自身は居残り,自分以外の内閣と自民党の役員の一新をすると言うのです。しかも,それは9月1日前後になるそうです。すでに,中川幹事長,青木参議院議員会長は辞意を表明しており,自民党参議院について言えば,片山幹事長,景山副幹事長は落選しており,事実上,自民党参議院は機能停止に陥っています。

さらに,1カ月後に内閣改造と言うことになれば,この1カ月間は内閣自体が「死に体」となってしまいます。これを「政治の空白」とは言わないのでしょうか。

d0006690_1825933.jpgしかし,私があきれ果てたのは,記者会見での首相のとんちんかんではなく,同席した自民党役員諸氏です。テレビニュースの画面でも見られましたが,この人たち,一体なんのために同席したのでしょうか。

この写真を載せたのは,読売,朝日,毎日,産経,日経では,「一部メディアによる安倍バッシング」と名指しこそしないものの産経がいつも憤っている朝日だけでした。朝日は丁寧にも「居眠りする人もいた」と説明文まで付けています。

これでは,いくら産経が「改革推進へ『困難な道』選ぶ」と大見出しの記事を書き,「産経抄」で「逆境の泥にまみれながら,奮闘する姿が美しい」と持ち上げても,執行部のこの体たらくでは…。この1カ月,やれやれとため息が出てしまいます。
[PR]

by gakis-room | 2007-07-31 18:26 | つれづれに | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/5893480
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 高麗山 at 2007-08-01 01:31 x
私経済に疎く、と言うより「産経」を読む環境に無かったのであまり、深い確執は知りませんでしたが、最近の、「週刊朝日」の内容や、ワイド番組の常連さんK.M.M.Hが盛んに述べるので、ようやく「朝日」が<で「産経」が>だと認識できるようになりました。
私は、朝日以外に後一つスポーツ紙を摂っているのですが、世の中の事情通になるには、後二三紙必要ですかね?  但し、経済事情が許しません!
Commented by gakis-room at 2007-08-01 12:21
高麗山さん,昨日はたまたまとあるところで5紙を読む機会があっただけのことです。私は朝日と産経を購読していますが,これまた偶然のことです。


<< 哀れ,赤城農水相・1カ月間の「...      「美しい責任の取り方」をほっぽ... >>