2007年 07月 30日
「美しい責任の取り方」をほっぽり出し,「再チャレンジ」を恐れた「敗北からの脱却」・安倍首相の続投宣言
大惨敗にもかかわらず,安倍首相は「私の国造りは,まだスタートしたばかり。国民との約束,責任を果たしていくことが私に課せられた使命」と続投を表明し,連立相手の公明党も,これを容認するようです。

安倍首相が自らの使命をどのように考えようと,それは自由ですが,彼には大きな見当違いがあります。参院選が政権選択の選挙ではないとしながらも,つまりは中間テストだとしながらも,「国家の指導者としてどちらがふさわしいか」と期末テストに領域を移して,争って負けたわけですから,ここは総辞職がことの論理的帰結のように思われます。

それでも,「私の国造り」のために続投するというのであれば,毎日新聞,中日新聞(東京新聞)の社説の言うように,早期に衆院を解散し,改めて(国民に政権選択の)信を問うのがことの道理です。

論理的帰結といえば,自民党の後藤田正純議員の発言もまっとなものです。彼は昨日の日テレ系の特番「ZERO × 選挙2007」で安倍首相の退陣を求めて次のように述べています。

「責任をどう取るのか,模範を示す。日本に規律、責任の概念がなくなっている。『美しい日本』なら,美しい責任の取り方,『再チャレンジ』ならば,政治家としての再チャレンジもある」

安倍首相の続投宣言は,「美しい責任の取り方」をほっぽり出し,「再チャレンジ」を恐れた「敗北からの脱却」ということになりましょうか。
[PR]

by gakis-room | 2007-07-30 17:29 | つれづれに | Comments(8)
Commented by ume at 2007-07-31 07:16 x
日本国民は結局「少しだけマシな政治体制」を選択したようです。「始めの一歩」なのか「よろけただけの一歩」なのか、答えが出るのはこれからです。自民党は世論の力を思い知ったはずですし、民主党は勝ちすぎに身震いしていることでしょう。もうお題目はいりません。各党が掲げたマニュフェストをいかに具現化させていくかじっくり見守りましょう。それにしても、他の野党が伸びなかったのは残念です。
Commented by 高麗山 at 2007-07-31 10:20 x
「進退」を見極められない”ドエライ”指揮官の配下に入ってしまいました!!
それとも、もっと膿を出し切って、自浄してから政権離脱するのでしょうか?
Commented by saheizi-inokori at 2007-07-31 10:56
安倍が退陣するか否かよりも小泉の勧めた新自由主義・アメリカ追随外交を捨てるか継続するか、が一番の問題だと思います。
下手をするとその基本路線強化のために安倍が捨石に使われかねない。
今朝の日経は安倍が小泉に比べ改革に消極的だったことが今回の事態を招いたと書いています。
こういう開き直りが要警戒です。禁煙中断後に前より喫煙本数が増えるようなことが怖いです。問題の焦点を安倍に絞るのは危険とさえ思います。
Commented by maron415 at 2007-07-31 18:03
どう見ても、退陣すべきなのに、
そのことが自民党から出てこないのが(納得しているのが)変よね。
自民党の中にどんな魔物が住んでいるのかなと思いました。

Commented by gakis-room at 2007-07-31 18:34
umeさん,背国的に見ると投票率が急上昇したわけでもありませんから,いわゆる無党派層が自民・公明から民主にちょっと移動しただけなんでしょうね。民主党にとっては,これからが正念場のようです。小沢代表は雲隠れして秘策でもねっているのでしょうか。
Commented by gakis-room at 2007-07-31 18:38
高麗山さん,今朝の産経抄によれば「あえて苦難の道,いいかえれば,かっこわるい生き方を選んだところに,首相なりの美学をみる」ということになるそうです。
Commented by gakis-room at 2007-07-31 18:46
saheiziさん,「居眠り記者会見」の写真を確かめるときに私も日経を読みました。グローバル化に向けて,安倍首相の経済政策はなっていない,というものでした。小泉前首相の経済政策といっても竹中に丸投げでしたから,日経は八百屋で魚を求めているのかな,とも思いました。
Commented by gakis-room at 2007-07-31 18:51
maron415さん,小泉さんが本当に自民党をぶっ壊してしまったのかな。それとも内閣改造ときいて,出番を待っているのでしょうか。


<< あきれ果てた安倍首相の記者会見      7月29日・この不透明な世界 >>