2007年 07月 02日
防衛大臣の無知加減
久間防衛相は,朝のテレビ番組では,引責辞任や発言の撤回,訂正を行う考えはないことを強調していましたが,午後の記者会見では一転,陳謝し,事実上の発言の撤回を表明しました。また,久間防衛相の発言を問題視しないとしてきた安倍首相も,「国民に誤解を与えるような発言については厳に慎んでいかなければならない」とその不適切さを認めました。

朝日新聞は「思慮のなさにあきれる」,毎日新聞は「何と軽率で不見識な発言か」,日経新聞は「またも立場忘れた久間発言」,東京新聞は「原爆容認は無知の露呈」とそれぞれ社説で久間発言を批判していますが,私には防衛大臣の歴史へのあまりな無知ぶりに唖然としてしまいます。

久間防衛相の記者会見での要旨は今朝の産経新聞が詳しく伝えていますが,それには次のようなくだりがあります。

…わが国はソ連に米国との仲介をお願いしたが,ソ連が参戦することに米国が気付いて原爆まできてしまったという背景を説明して,相手の意図を見抜かないといけないと言いたかったが,それが原爆を認めたと受け取られてしまった。私の説明がまずかった…

説明の仕方の問題ではありません。この人は歴史的事実に無知でなければ,意図的に歴史を歪曲しています。昨日も書いたことですが,アメリカが千島等の領有を条件にソ連の対日参戦を促し,ヤルタ協定が結ばれたのは1945年2月11日です。

2月11日 ヤルタ協定締結
4月5日 ソ連,日本に日ソ中立条約の不延長を通告(条約の期限は46年4月13日まで)
6月3日 広田(元首相)・マリック(駐日ソ連大使)会談でソ連に日米休戦の斡旋を依頼
6月21日 トルーマン,対日戦に原爆使用を決定
7月3日 米統合参謀本部,原爆投下候補地(広島,小倉,長崎,新潟)への空襲を禁止
7月4日 米英合同原爆政策委員会で,英も原爆使用を承認
7月10日 特使のソ連派遣,日米和平斡旋の依頼を決定
7月16日 米,初の原爆実験に成功
7月18日 ソ連,斡旋を拒否
7月26日 ポツダム宣言発表
7月28日 鈴木首相,「ポツダム宣言,黙殺」を表明
8月6日 広島に原爆投下
8月8日 ソ連,対日宣戦布告
8月9日 小倉に代えて,長崎に原爆投下
8月10日 未明,御前会議でポツダム宣言受諾を決定
8月14日 天皇の召集による御前会議でポツダム宣言受諾を再決定
8月16日 ソ連,北海道北部の占領を提案。米,これを拒否

アメリカによるソ連の対日参戦要請,日ソ中立条約の不延長という事実上の「破棄」を示唆されながら,なおソ連に日米和平の斡旋を依頼し,これに望みをかけ続けるという外向上の失態等,歴史の事実さえ知らない「防衛」大臣に「賢明な判断」を期待することは無理ということでしょうか。この人,世界史も日本史も「履修漏れ」のようです。
[PR]

by gakis-room | 2007-07-02 13:17 | つれづれに | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/5723085
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 墓の中からコンニチワ at 2007-07-03 09:31
タイトル : 禁酒法が...
最寄りのTSUTAYAにはsaheizi-inokoriさんご推奨の「父親達の硫黄島」は1枚しかなく、それが貸し出し中だったので、以前から狙っていたヒチコック初期の作品2枚と「お熱いのがお好き」を借りてきました。 私がリンクを張っている某ブログで「禁煙テロリスト」のアタックを久しぶりで目にし、「昔の禁酒法が飲酒常習者を増やしたのと同様、現代の禁煙運動、禁煙政策は喫煙者を増やす」とのアメリカ人の知人の言葉を思い出したからです。 「お熱いのがお好き」は基本的にはドタバタ喜劇なのですが、前半で「禁酒...... more
Commented by maron415 at 2007-07-02 14:02
つまり、米はソ連が参加しようとしまいと、原爆ためしに使ってみたかったということ?北海道がとられなかったのは別にたまたまとられなかっただけですかね。
一晩明けると、あべちゃん「誤解を与える発言に厳重注意」してましたね。
確かに、間違いを教えて誤解を与えたかな。

Commented by gakis-room at 2007-07-02 16:12
maron415さん,私の考えでは,ソ連の参戦予定の8月8日までに日本が降伏し,アメリカが単独占領するアメリカの方針であったように思えます。トルーマンにとっては,ルーズベルトの要請によるソ連の対日参戦はうとましくなっていたのではないでしょうか。ポツダム宣言直後に日本が降伏しておれば,原爆の使用はなかったと思います。
また,アメリカの単独占領の方針とソ連軍の満州,朝鮮半途への進軍の時間的経過から見れば,ソ連による北海道占領はあり得ないことのように思われます。
あべちゃんは「参院選挙前だから,ここはひとつ陳謝のポーズを」程度のことしか言わなかったのではないでしょうか。どの新聞も「ソ連の対日参戦」の経緯の間違いを指摘していませんからね。
Commented by 高麗山 at 2007-07-02 19:32 x
「失言」続の閣僚、「賢明な判断」の出来ない総理。
この内閣を、1945年7月当時の内閣.軍部と置き換えてみても、多分国民の生命.生活よりも「天皇主権」の「国体護持」を至上とするような軍部内閣以上に思えてなりません!
というより、確信します!!  そして戦争終結を日にち伸ばしにして、さらにもっつと多くの犠牲者を出したことでしょう。
Commented by gakis-room at 2007-07-03 08:04
高麗山さん,論功行賞とお友だちによって構成された内閣,これも一昨年の総選挙のツケだと思っています。


<< 防衛相の辞任と鈍感力      久間防衛相の発言と「賢明な判断」 >>