2007年 06月 30日
ギシギシ・花の名前です
d0006690_15163972.jpgギシギシ(羊蹄) タデ科 ギシギシ属
「近くの公園」のあちこちにたくさんあります。背丈は30センチくらいですが,1メートルくらいまで成長するものもあると言うことです。

3ミリくらいの小さな花をぎっしりと付けた棒状の花序(花のかたまり)です。

ギシギシとは変わった名前ですが,果穂を揺らすとぎしぎし音が出ることによるそうです。やってみましたが音はしませんでした。

漢字では「羊蹄」があてられていますが,なぜだかよくわかりません。

葉は大きく,縁は大きく波打っています。若葉を茹でて食べるそうです。そのせいでしょうか,どのギシギシも葉の多くは虫食い状態です。

d0006690_15165541.jpg果実は3片の内花被(花弁とガクの区別が付きにくい時の内側の部分)に包まれています。

形は三角形で中央にコブがあります。全体の大きさは3ミリくらいで,コブは1ミリくらいです

名前もそうですが,どこまでも変わった草花です。
[PR]

by gakis-room | 2007-06-30 15:19 | 花の手帳 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/5711952
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 高麗山 at 2007-06-30 18:25 x
これも、草花に分類されましたか。蔓延り草で一度生えたら手におえなくなります。イタドリと良く一緒に生息しているような気がしたので、調べてみると同じ、タデ科でした。
Commented by gakis-room at 2007-07-01 16:07
高麗山さん,私の「野の花図鑑」にもちゃんと掲載されています。手に負えないといば,チガヤもそのようです。


<< 久間防衛相の発言と「賢明な判断」      威張っている「ヒメクグ」 >>