2007年 06月 29日
威張っている「ヒメクグ」
d0006690_17514882.jpgヒメクグ  カヤツリグサ科ヒメクグ属
今朝,「近くの公園」でみました。背丈は15センチくらいです。茎の先に多数の小穂からなる球形の花穂を1個付けています。大きさは5ミリくらいです。

その先に長さの異なる3本の細長い苞葉(花や花序の基部にある特殊な葉)をすっとのばしている姿が素敵です。木陰で小さいながら,ちょっと威張っているようでした。

上に伸びたものは10センチ,左上に伸びたものは6センチ,右下の1番短いもので4センチほどでした。

調べてみたら,「クグ」とは「蚊帳つり草」の古名とありました。別の所では,漢字では「莎」(はますげ)があてられていました。しかし,「蚊帳つり草」と「ハマスゲ」は少しも似ていません。
[PR]

by gakis-room | 2007-06-29 17:59 | 花の手帳 | Comments(0)


<< ギシギシ・花の名前です      産経新聞の中で浮いたままの産経... >>