2007年 06月 27日
こんな花も咲いていました・トキワハゼ
d0006690_21284288.jpgトキワハゼ(常磐爆)  ゴマノハグサ科 サギゴケ属

「近くの公園」で見ました。背丈5センチ,花は1センチに満たない小さな花です。花冠の上唇は薄い紫色で,下唇はかすかに紫色がかった白色です。

草花の名前に「トキワ」,「ヒメ」,「オニ」という修飾語を付けているものがたくさんあります。

「トキワ」は年中花を咲かせる,「ヒメ」は小さい,「オニ」は大きいと言う意味合いのようです。

トキワハゼの「トキワ」も年中花を咲かせる(トキワハゼの花期は4月から10月くらいのようです),「ハゼ」は実が爆(は)ぜる所からの命名だそうです。

「近くの公園」の近くに住んで,20年以上になりますが,この花が私に見えたのは4日前が初めてです。何も見えてはいないのですね。

6月24日のコマツヨイグサの開花は,きょうまでの観察では日没後に開花し,正午頃までにはほとんど萎む,と言うのが私の結論です。
[PR]

by gakis-room | 2007-06-27 21:29 | 花の手帳 | Comments(0)


<< 産経新聞の中で浮いたままの産経...      「戦後レジーム」の遠景・きょう... >>