2007年 06月 24日
コマツヨイグサの群れ
d0006690_12584888.jpg「近くの公園」でコマツヨイグサを初めて見たのは4月24日のことでした。その時は,道沿いに1輪咲いていました。

名前も知りませんでしたが, maron415さんから「コマツヨイグサ(小待宵草)」と教えていただきました。直径が1センチ強の小さな花です。しぼんだものは赤みを帯びます。

その後,時折,公園を通るたびに見かけましたが,群れて咲いているものは見たのは今朝が初めてです。公園の中に1カ所,公園の外の街路樹の根元に2カ所ありました。(写真は街路樹の根元のもの)


d0006690_1259166.jpg調べてみると,
  「日中でも咲く」
  「夕方から咲き出して夜中に満開となり,夜が明けるとしぽむ」
との2説がありました。

今朝,6時過ぎだったせいでしょうか,これまで見たものと違ってしっかりと咲いていました。しぼんでいるものはほとんどありませんでした。

1日,時間ごとの変化を見てみたいとも思うのですが…。
なお,「鳥取砂丘では砂丘を緑化する害草として駆除されている」との記事もありました。
[PR]

by gakis-room | 2007-06-24 13:04 | 花の手帳 | Comments(0)


<< 何とも物騒な名前・ヤブガラシ      ネジバナを初めてみました >>