2007年 06月 18日
野に咲くキキョウはどこへ行った,キキョウソウ
d0006690_1234269.jpgキキョウソウ(桔梗草) キキョウ科 キキョウソウ属

「例の田舎道」です。きれいな青紫色でした。草丈は30cmくらい,花径は1cmくらいです。

丸みを帯びた小さな葉が茎を取り巻いているのもおもしろいと思いました。

北アメリカ原産で野生化したそうです。名前のキキョウソウは秋の七草のひとつ,キキョウに似ているからだそうです。

別名をダンダンギキョウといいますが,それは花が下の方からだんだんに咲いてくるからです。

条件のよいところでは下から順次上に咲いていき,同時に5つぐらいの花が開いていることもあるとのことですが,私の見たモノはどれも1つか2つでした。これまで見逃してきたということでしょうか。

ところで,野に咲くキキョウはどへ行ったのでしょうか。見るのは花屋の店頭ばかりです。あるいは花壇です。キキョウは好きな花なので,野に咲いているキキョウを一度見てみたいと思っています。
[PR]

by gakis-room | 2007-06-18 12:06 | 花の手帳 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/5637875
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 高麗山 at 2007-06-18 15:25 x
キキョウ草は馴染みがありませんが、桔梗は清楚な感じのする良い花ですね、なじみの薄い草花の中でも、今頃に咲く花として印象にあります。
もっとも、印象にあるのは、刻みタバコの銘柄にあったからかな!
Commented by gakis-room at 2007-06-18 16:43
「キキョウ」に「みのり」という刻みもありました。「朝日」,「光」,そしてすでにそのころから「ピース」もありました。「ピース」から始まって,「いこい」→「しんせい」→「チェリー」とつづいて,「(ショート)ホープ」が現在に至る私のタバコの履歴です。
Commented by saheizi-inokori at 2007-06-18 21:43
>「いこい」→「しんせい」→「チェリー」とつづいて,「(ショート)ホープ」が
15年ほど前までは日に100本、その遍歴が良く似てます。途中、セブンスター、ハイライトなども入りましたが。最後はチエリーだったか。
今は辞めました。意思が弱いので吸うと100本になってしまうのです。
わがブログでgakisさんのお言葉を引かせて頂きました。あしからず。
Commented by gakis-room at 2007-06-19 06:51
saheiziさん,私にはなぜかハイライト,セブンスターは口にしませんでした。それにしても,タバコ吸いにはつらい世の中になりました。
「私の言葉の引用」,恐れ多いことです。
Commented by とある所の乙女 at 2007-06-19 07:13 x


我が家の手入れの行き届かない庭に、毎年このキキョウソウが沢山咲きます。雑草と思っていましたが、可愛らしい花をつけるので、抜かないでそのままにしていました。名前がわかり本当にうれしいです。ありがとうございました。以前、ある植物学者が、雑草というものは存在しないと言っていましたが、まさにそのとうりで、それぞれに名前をもって、ささやかに自己主張をしているのですね。


Commented by gakis-room at 2007-06-19 08:02
ある所の乙女さん,時々「雑草の典型」なんて言葉に出会いますが,本当かいな,と思ってしまいます。何を基準に雑草というのでしょうか。「わざわざ花壇に植えない花が雑草」?,まさか。
Commented by Count_Basie_Band at 2007-06-19 13:34
ご両所とも「ショート・ホープが終点ですか。
私はMarlbooro Lights 100'sです。

>タバコ吸いにはつらい世の中になりました。

私も妻も中学生時代にタバコを始めましたが、中学高校を通じてセンセイにタカられた記憶はあっても叱られたことはありませんでした。
セガレどもも中学生の時に始めましたが「灰皿のないところでは吸うな」としか言いませんでした。
次男は、高校の卒業式の日に「卒業記念イベント」の一つとしてタバコを止め、現在に至っています。

全員「寛容の時代」を経験しています。
Commented by gakis-room at 2007-06-19 18:12
Count_Basie_Bandさん,「喫煙は二十歳の時の決意,簡単に止めてたまるか」なんてほざいています。そして,きょうも,すでに20回以上,「小さな希望」にしがみつきました。


<< 砂肝のアチャラ漬け      「存在してはならない」文書 >>