2007年 06月 01日
6月1日,旧暦4月16日
d0006690_7295892.jpg6月1日,旧暦4月16日。なんとなく私の誕生日のような気にもなります。

夏です。きょうは最高気温が25度を超え,5日振りに夏日(最高気温が25度以上)になりそうです。

奈良の平年の最高気温では,5月26日から9月28日にまでの126日間が夏日となり,そのうち7月13日から9月5日までの55日間が,最高気温30度以上の「真夏日」です。

123年前のきょう,1884(明治17)年6月1日,日本で最初の天気予報が出されましたた。その予報は以下の通りです

「全国一般風の向きは定まりなし,天気は変り易し。但し,雨天勝ち」

写真は手元の旧暦付きのカレンダーです。韓国製ですから,6日は「顕忠日」(殉国者を顕彰する日で半旗を掲げる)で休日になっています。
[PR]

by gakis-room | 2007-06-01 07:33 | つれづれに | Comments(2)
Commented by 高麗山 at 2007-06-01 18:54 x
何かしら、明治の予報は”私の行動を”示唆しているように受け取れるのですが、思い過ごしでしょうか?
それにしても、二月、三月は暑くて、五月の後半は肌寒い日が続いたような気がするのですが、     戸外にあまり出なかったからでしょうか。
Commented by gakis-room at 2007-06-02 05:43
高麗山さん(ここで相手を確認!),明治の予報は百発百中ですね。従って誰にでも当てはまりそうです。
5月の下旬(21日−31日)は最高気温の平均では平年よりも1.8度ほど高かったですが,28日から31日は平年よりも低く,特に30,31日は平年より3度以上低かったので,「後半は肌寒い日が続いた」という印象をもたれたのではないでしょうか。


<< 「新しい歴史教科書をつくる会」...      私は花から抜け出せるでしょうか... >>