2007年 05月 09日
「空から花が舞い散る」って
d0006690_2042055.jpg手元に一枚の花びらがあります。私は蓮の花びらだと思っています。昨年10月30日,富山の越中井波別院・瑞泉寺でいただいたものです。

大きさは長方が9センチほどです。捨てがたくて,栞代わりに使っていました。

きょう,ふとこの「花びら」と韓国の「燃灯祝祭・提灯行列」の最終地点の曹渓寺での「空から花が舞い散る」演出と重なりました。

仏の画像が印刷された花びらが舞い散る
d0006690_2043453.jpg
理由はありません。突然の思い込みです。昨年は,「燃灯祝祭・提灯行列」の最終地点を見ることはできませんでした。

果たして,「空から花が舞い散る」とはどんな光景なのか,見てみたいという思いが募ります。今年は,5月20日に行われます。
[PR]

by gakis-room | 2007-05-09 20:11 | つれづれに | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/5365544
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by haruikuyoshi at 2007-05-12 21:48
これは”散華”と呼ばれるものと思います。
寺院の法要などの際に僧侶が蒔くもので、極楽世界に降る花びらをイメージしたものかと、、たぶん、、、。
蓮は泥の中に生きるが、決して泥によって汚れない。そんなところが仏教教理と一致しているんでしょうね。
Commented by gakis-room at 2007-05-13 07:50
haruikuyoshiさん,「散華」にまかれる蓮の花びらなのですね。ありがとうございました。「空から花が舞い散る」光景をますます見たくなりました。


<< 「煙の木」の花です      ハルジオンが見えるようになりました >>