2007年 04月 13日
両極の首長選・夕張市と福島県矢祭町
統一地方選も15日には全国の市長・市議選(政令市除く)が告示されます。財政再建団体に転落した夕張市では,後藤健二市長の引退を受け新人7人が立候補を予定しており,11日夜には公開討論会もおこなわれたようです。

しかし,もともとの夕張在住・出身者は3人だけで本命は見当たらず,最多得票者が有効投票の4分の1以上を獲得できなければ,再選挙となり,それも現実味を帯びているようです。この場合,再選挙の費用約1000万円は当然予算化されておらず,予備費もゼロのため,市も困惑しているようです。

茨城県との県境にある福島県矢祭町では,6期24年つとめた根本良一町長が引退を表明していますが,昨日のまでのところ,町長立候補者はないようです。こちらは根本町長の存在が大きく,彼との対比をさけているようです。矢祭町と言えば,2001年に「合併をしない宣言」で有名になった町です。

以下は「合併をしない矢祭町宣言」からです。
序文で「国の目的は、小規模自治体をなくし、国家財政で大きな比重を占める交付金・補助金を削減し、国の財政再建に役立てようとする意図が明確であります」とし,6項目の宣言文の3項目目では次のように言います。

「矢祭町は地理的にも辺境にあり、合併のもたらすマイナス点である地域間格差をもろに受け、過疎化が更に進むことは間違いなく、そのような事態は避けねばならない」

私には卓見に思えます。実は根本町長は4期目を終える4年前にも引退を決意しました。その引退表明をすべく議場に向かおうとする町長を住民300人が押しかけて町長を室内に閉じこめ,引退撤回を求めました。

このときの模様を2004年11月18日の熊本日々新聞「人間元気紀行・福島編」は以下のようにレポートしています。

…〇三年三月の定例議会最終日、引退声明の記事を見た町民三百人が押し掛け、町長室を占拠。「最後の晴れ舞台」に銀座で新調したスーツで出勤、家族も赤飯を炊いて送り出した根本は議場に入れない。「女の人が泣き泣き、背広やズボンをギュッとつかんで押さえちゃうんです。あれは人間バリケードかな」と助役の古張。ついに根本は鼻水を垂らし涙声で「行くところまで行く」と引退を撤回。傍聴席はバンザイの嵐となった。

昨日の「スーパーモーニング」のインタビューでは,根本町長の引退の決意は変わらないようです。乱立が予想される夕張市と立候補者ゼロが予想される矢祭町。私には地方自治というよりも「行政とは何か」を考えさせられる両極です。

矢祭町については,2005年7月8日の神戸新聞もレポートしています。
[PR]

by gakis-room | 2007-04-13 09:59 | つれづれに | Trackback(1) | Comments(3)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/5148934
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 墓の中からコンニチワ at 2007-04-13 14:45
タイトル : 実のひとつだに
また土佐犬による事故が発生した。 全国土佐犬普及会の飼育場に勤務する69歳の男性飼育員が犬舎の中で死亡したのだ。 しかし、この事件は全国紙では朝日だけしか扱っていないようだ。 昨年、犬舎の掃除中に檻から出したまま繋がずにおいたため小学生が負傷した事件に関する判決が降りたばかりだ。掃除していた手伝いの女性は重過失傷害罪に問われ、「危険性への認識が著しく欠け管理がずさんだった」として禁固2年、執行猶予4年の判決が降りている。この報道は広く伝えられたようだが、死亡事故は知られずじまいになるのか。 ...... more
Commented by saheizi-inokori at 2007-04-14 09:50
行政とは何か、でありリーダーとは何かでもありますね。こういう人がいるのを知りませんでした。驚き、嬉しい驚きです。
Commented by saheizi-inokori at 2007-04-14 09:56
この記事をリンクさせていただきます。
Commented by gakis-room at 2007-04-14 15:51
saheiziさん,「お詫びと涙の引退宣言」というものはよく見聞きしますが,「涙の続投宣言」というものを始めて知りました。まさしく,うれしい驚きです。リンクの内容が,「臨時にニース」とは気恥ずかしい思いです。


<< 学校給食制度の意味とは何だろうか      昨日は何もしなかった1日でしたが >>