2007年 03月 30日
モクレン,ハクモクレン,更紗モクレン
d0006690_741263.jpgモクレンの花には紫と白とがあると思っていました。

しかし,モクレンといえば紫の花のことで,紫(シ)モクレンとも言うそうです。白い花のモクレンは正しくはハクモクレンなのだそうです。

このことを最近知りました。昨日「更紗モクレン」という,モクレンとハクモクレンとの雑種があることを知りました。

写真は「近くの公園」に咲いている花です。花弁は開ききっており,その内側はあまりにも鮮やかな白です。

この花はモクレンなのでしょうか,それとも更紗モクレンなのでしょうか。
[PR]

by gakis-room | 2007-03-30 07:12 | 花の手帳 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/5057141
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by YUKI-arch at 2007-03-30 16:20 x
木蓮と木瓜の区別もつかず、
先だって撮った木は
「ぼけ」と聞いていたのですが、
写真の形状に似ているので、
冷や汗が出ます。
もちろん木蓮の細区分など分かりようもありませんが、
味のある花だと感心しきりです。
Commented by sayaya at 2007-03-30 16:35 x
モクレンの花って、どうしてあんなに作り物みたいに見えるのだろうと思います。
調べれば、きっとすぐわかることなのに、いつも後回しになって、未だに調べていません*笑*
Commented by gakis-room at 2007-03-30 19:08
YUKI-archさん,ブログの写真は白い木瓜じゃあないでしょうか。種類によって違いますが,モクレンの花びらは10〜15㎝くらいあります。
公園でも,朴の木とともに存在感のある花です。
Commented by gakis-room at 2007-03-30 19:10
sayayaさん,モクレンは不思議な感じのする花です。確かに,確かに「作り物」未定でもありますね。それもまた,存在感にもなっているように思われます。


<< 気の早い「お花見」      どうなるのか,「中央日報の試み」 >>