2007年 03月 28日
そろそろ黄砂の季節のようです
d0006690_1057127.gif今年も黄砂の季節がやって来ました。写真は,きょうの午前10時の気象庁の発表のものです。

昨年の4月8・9日の黄砂は強烈でした。韓国では黄砂については,特に敏感で,このことについては昨年の4月10日に「2日続きの黄砂」として書きました。

韓国の気象庁の黄砂情報は不十分だとの批判もあり,同庁はその後,黄砂情報についてはより詳細に発表するとしています。

きょうまでのところ韓国紙では,黄砂はニュースにはなっていませんから,たいしたことはないようです。

しばらくは,「桜だより」とともに気象庁の「黄砂情報」を覗くことになりそうです。
[PR]

by gakis-room | 2007-03-28 10:58 | つれづれに | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/5045197
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by saheizi-inokori at 2007-03-28 13:09
gakisさんは花粉は平気だったのでしたっけ?
私は黄砂より花粉が気になります。でも昨年吉野に行ったとき黄砂がすごかったことを思い出しました。これも環境変化、木が少ないことにも関係しているような気がします。
Commented by 高麗山 at 2007-03-28 14:30 x
お昼前に、Seoulから電話がありました。gakiさんのブログを観た直後だっつたので、黄砂の話をすると延々20分あまり講義を受けました。
韓国に降る黄砂は、μ の数値が大きくて、日本に降る物より粒子が大で、眼に影響が多いようです。その他、高級車(黒色)は、サンド.ペーパーで擦ったような状態になったりで大変らしです。日本に降る物は、中国の煤と結合した物質で、光化学反応を起こした粒子になるので、呼吸器系に疾患のある人、花粉症などのアレルギーのある人は、特に注意しなさいとのことでした。
Commented by gakis-room at 2007-03-28 15:19
saheiziさん,幸いなことに私は花粉は平気です。
朝鮮日報では,12時51分入力の記事で。黄砂を扱っていました。また,気象庁の3時00分現在の黄砂情報では,朝鮮半島だけでなく,西日本全体にまで広がっています。黄砂のためか,雲はないのに遠くがかすんでいます。
Commented by gakis-room at 2007-03-28 15:28
高麗山さん,黄砂の粒子が小さいものほど遠くまでとばされるということで゜すね。
ところで,黄砂粒子は,タクラマカン砂漠・ゴビ砂漠などや黄土地帯から強風により大気中に舞い上がるのですが,朝鮮半島でも日本でも中国を通過してくることでは同じだと思うのですが,粒子の大きさ意外に違いがあるのでしょうか。


<< どうなるのか,「中央日報の試み」      私の「標本木」の桜も開花しました >>