2007年 03月 05日
土日の国会開催あってもいい
午前中,参議院予算委員会の中継を結構おもしろく見ていました。民主党の大塚耕平氏と大田弘子経済財政担当大臣とのやりとりはともに経済金融の専門家らしくは,経済専門用語も多く,私には「経済学講義」を聞いているようでありました。安倍内閣の「成長戦略」の根幹に関わるこの質疑,わからない点がいくつありましたが,もつと聞きたかったというのが正直な感想です。

おもしろかったのは民主党の小川敏夫氏と松岡利勝農水相のやりとりです。彼の資金管理団体が,水道代や冷暖房費がかからない議員会館にしか事務所がないにもかかわらず,05年に約507万円の水道光熱費を計上していたことを指摘されて松岡農水相は窮地に陥りました。

問「どこで使用した水道光熱費か」
松岡農水相「(議員会館以外に事務所を持たないので)当然、主たる事務所の議員会館だ。使ったものをきちんと計上している」

問「議員会館は水道代や集中管理の冷暖房は費用がかからない」
松岡農水相「(独自に用意した)何とか還元水(浄水器を指すとみられる)や、暖房とか別途そういうものが含まれる」

問「部屋に浄水器はいくつあるのか」
松岡農水相「覚えていない」

問「部屋に暖房器具はいくつあるのか」
松岡農水相「覚えていない」

苦し紛れの答弁に松岡農水相の顔は紅潮していくようでした。そして,答えに詰まり「ほかのことを聞いたらどうか」と言う始末でした。苦し紛れに「確認して必要な範囲で答える」と述べたところで時間切れに助けられました。

松岡利勝新世紀政経懇話会は04年約518万円,03年も約416万円の光熱水費を計上しているとのことです。松岡追求劇の第2場をみたいと思いましたが…。彼にあっては政治家ないしは大臣の資質とは何よりも「厚顔」であることのようです。

それにしても,国会はなぜ週休2日制なのでしょうか。というよりも,土日がなぜ休みなのでしょうか。土曜,あるいは日曜の朝から国会中継があれば,私のような半リタイアでなくともテレビ中継を見ることができます。土日の国会開催,それこそが国民主権,つまりは働いている大部分の国民への「忠節」ではないかと私には思われます。
[PR]

by gakis-room | 2007-03-05 15:54 | つれづれに | Comments(2)
Commented by Count_Basie_Band at 2007-03-06 13:41
松岡ってオッサン、以前にも何か問題になりませんでしたか。
バカとワルは死ぬまで直らない。

>土日がなぜ休みなのでしょうか。

日本の国会はユダヤ教徒とキリスト教徒で構成されているからです。
イスラム教徒が加わったら金曜も休みになります(^^;)。
Commented by gakis-room at 2007-03-07 15:13
確か,サラ金がらみのNGOの口利きで問題になりました。彼もまた安倍総裁誕生に当たっての論功行賞で大臣になったはずです。


<< 507万円の光熱水費を必要とす...      男雛,女雛の配置は関西と関東で... >>