2007年 02月 25日
カニと日本海とソバ
d0006690_19385358.jpg24日と25日は1泊2日の小さな旅行でした。気心の知れた仲間6人との「日本海にカニを食べる」気楽な旅行でした。

宿は小さな温泉旅館でした。夕食はもちろんのこと「カニづくし」です。しっかりと食べましたが,飲み過ぎました。私一人だけが先にダウン。温泉につかったのは翌朝のことでした。
d0006690_19434058.jpg25日の朝の散歩は「夕日が浦」海岸です。昨日から暖冬も消えてしまいましたが,打ち寄せる波と風の冷たさは二日酔いにはむしろ心地良いものでした。

近くでは多くのサーファーが波を楽しんでいましが,なぜかウェットスーツがすべて黒を基調にしたのもので,大きな海鳥が波に浮かんでいるようでした。
d0006690_19442610.jpg帰りに豊岡市の出石(いずし)によりました。小さな古い城下町です。昼食はここの名物「皿そば」です。小さな町にソバ屋の数が50軒余とか。

「皿ソバ」は小さな皿にソバをのせて,次々と運んでくれます。皿5枚が標準のようです。店内には50枚近く平らげた猛者をたたえる色紙もありました。

お店の人に尋ねて見ると一皿30グラムとのことでしたが,そんなにはないように思われました。昼食を含めて1時間半のプログラムでしたが,次は一人でたっぷりと時間をかけて散策してみたい町でした。
[PR]

by gakis-room | 2007-02-25 19:32 | つれづれに | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/4830754
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 高麗山 at 2007-02-26 01:40 x
私も、その頃現地では有りませんが、ブランド名がわざとらしく嵌めこまれたバンドのあるカニを戴いておりました。
コース的に考えて、多分お近くの魚港から上がった物と推察しています。
出石も本当にいい町並みなのですが、どうしても”旅の途上”になってしまいます。   山陰の旅では、出石そばと出雲そばが、そば好きの私にはコース設定の中に必ず組み込まれます。
余談ですが、播但の山々には、殆ど雪が見え無かったのでは?。私も、腹を決めて、週末にはニセコか焼額山に行くことにしました。
Commented by YUKI-arch at 2007-02-26 09:12 x
冬の日本海は格別ですね。
カニもですが。
皿そばは食べてみたいものです。
良い仲間がいて、気色に食べ物までついてくると、
こたえられませんね。
Commented by saheizi-inokori at 2007-02-26 11:45
憧れの冬の日本海です。
特に出石は未体験、二日酔いもいい思い出になりましたね。
Commented by gakis-room at 2007-02-26 12:45
高麗山さん,宿は京丹後市網野町の木津温泉でした。カニも国内産と外国産が峻別されているようです。バンドのついた国内産が高いのは「新しい」という表示でしょうか。
車を持たない私には交通の便が悪いようですが,出石はもう一度行ってみたいと思っています。播但の山々にはご推察のようにひとかけらの雪もありませんでした。
Commented by gakis-room at 2007-02-26 12:53
YUKI-archさん,楽しい旅行でした。一人暮らしの私には,久しぶりによくしゃべった2日間でした。出石の皿ソバはなぜ小出しにするのかよくわからずじまいでしたが,「挽きたて,打ち立て,茄がきたて」の「三たて」を伝統としているそうですから,それで小出しにしているのかなと思いました。
Commented by gakis-room at 2007-02-26 13:01
saheiziさん,私の入ったソバ屋は有名らしく,私たちが入った12時前は客は私たちだけでしたが,あっという間に満席になりました。少し堅めのソバは私のお気に入りですが,つゆも私には少し濃いかなと思いましたが,ダシもよくきいていておいしい味でした。ソバ湯を2杯も飲んでしまいました。ソバ好きのsaheiziさんにも気に入ってもらえそうです。


<< 冬への声援      樹上でくつろぐサギ >>