2007年 02月 03日
柳沢厚生労働大臣へのアドバイス
厚生労働省が2004年11月に行った「第3回21世紀成年者縦断調査(国民の生活に関する継続調査)」の「仕事をしていた妻の出産後の就業継続の有無」によると,第1子の出産との関係での離職は以下の通りです。
  離職した  45.5%
   うち,正規雇用者  24.9%
      非正規雇用者 57.5

また,育児休業制度との関係での離職は,次のようになっています。
  制度あり(利用しやすい雰囲気)  10.4%
  制度あり(利用しにくい雰囲気)  40.0
  制度なし             69.0

非正規雇用者の離職が正規雇用者の倍以上もある理由は,私には育児休業制度を含む雇用の不安定さによるもののように思われます。また,育児休業制度がない場合では70%近くが離職しているというのは,逆に言えば,離職したくない場合は出産を控えるということになるのでしょうか。

また,育児休業制度があっても,それが実効的でない場合も離職につながっています。少子化問題については「1人あたまが頑張る」のではなく,
  ①女性労働者の50%をこえるという非正規雇用者の減少対策
  ②現行制度では,4割の給与保証しかない育児休業手当の抜本的改定
  ③取得しやすい育児休業制の充実
が先決のようです。
[PR]

by gakis-room | 2007-02-03 14:16 | つれづれに | Trackback(1) | Comments(8)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/4670571
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 眠れぬ夜は。 at 2007-02-04 14:06
タイトル : だいじん
いつまで続くんだよって感じの厚生労働省大臣の「女性は子どもを産む機械」発言。あんな人が厚生労働省大臣ってことは、あんな人に少子化対策を進められてたってことで。しかも「がんばってもらうしかない」ってナニソレッッ。なんで国にそんなことを言われなきゃいけないんだろうか…。 そういえば最近気づいたのですが、私は一応四大卒(うまくいけば…な)で、仕事続けたいから子どもはいらないって考えてます。ってことは私典型的な「少子化の原因は女性の晩婚化、ひいては女性の高学歴化と考えられる」とのステレオタイプな見解...... more
Commented by saheizi-inokori at 2007-02-04 09:52
産みたくても産めない人がいるって想像できないのかもしれませんね。頑張れば産めると思っているのかも。
Commented by Count_Basie_Band at 2007-02-04 09:58
いつもながらの係数分析に基づくレポート、敬服しております。

>離職したくない場合は出産を控えるということになるのでしょうか。

その前に「離職したくない場合は結婚を控える」があるのではないでしょうか。
全居住者がイヌを飼わなければならないこの集合住宅で単身女性は4人。皆さんスーツ、欧州車でご出勤です。勤務先で制服に着替えるOLとは明らかに違います。彼女達は、おそらく、結婚しないでしょう。
Commented by gakis-room at 2007-02-04 13:18
saheiziさん,彼は2児の父だそうですが,「産む」ことについても想像できないようです。元大蔵官僚として数字には強いのかも知れませんが,想像力はきわめて貧困なようです。
Commented by gakis-room at 2007-02-04 13:23
Count_Basie_Bandさん,確かに「離職したくない場合は結婚を控える」があるかも知れません。それなりの収入と自由を捨ててまでの結婚願望はないということでしょうか。それにしても,愛知と北九州の選挙結果を見てから,対応の最終判断をするとか言う与野党のセンスのなさとお粗末な民主主義理解にはアングリです。
Commented by sleepless_1031 at 2007-02-04 14:05
はじめまして、いつきと申します。私はどうしても仕事に支障があるため子どもは産みたくないのですが、もしその考えを変えるとするならば、退職した後の再就職制度がしっかりしているという前提も必要になりますね。一度辞めてしまうと非正規雇用しか道が無い、そして男性が育児休暇を取りにくい現在の労働状況は非常に問題があると思います。興味深い記事、ありがとうございました。
Commented by gakis-room at 2007-02-04 15:36
ようこそ,いつきさん,ブログも拝見いたしました。育児休業手当を出産休暇と同じにするだけで,つまり,職場復帰は保証されていますから,給与の100%保証するだけでずいぶんと違ってくるように思います。
Commented by Count_Basie_Band at 2007-02-04 16:12
>それなりの収入と自由を捨ててまでの結婚願望はないということでしょうか。

友人たちの娘さんなど、40歳過ぎても未婚の女性たちを見ると「跡継ぎ?家系?」のコメントで紹介したケースに加えて、UNの管理職、T大医学部の研究員、私大医学部の助教授、大新聞の記者など、要するに男女同一労働同一賃金の職業の人たちです。もちろん中には然るべき男性と生活を共にしている人もいますが、入籍出産という気は全くないそうです。今さら何を好き好んで家族なんて煩わしい生活を...ということですね。私も同感です。「止しなさい」と言います。「一度しかない人生、好きなように生きなさい」と言います。

>愛知と北九州の選挙結果を見てから,対応の最終判断をするとか言う与野党のセンス

キャンキャン喚いている女性議員たちを見ての、出産を2回経験している私の同居人の感想は「テメェラ、悪阻の経験もないくせに理解者ヅラするんじゃねーよ」
アレで年間3,000万貰えるんですね。羨ましい。

>職場復帰は保証されていますから,

本当に保証されているでしょうか。否定的な話ししか耳にしませんけれど。
Commented by gakis-room at 2007-02-04 17:43
>本当に保証されているでしょうか。否定的な話ししか耳にしませんけれど
ご指摘の通りです。「職場復帰が保証されているなら」と言うべきでした。私の以前の職場では完全復帰ができましたから,つい,書き滑らしました。自省。


<< 節分,立春そして星空      暖冬を数字で見る・1月の最高気... >>