2007年 01月 16日
さらば,不二家
不二家の「原料期限切れ」問題は最悪の様相を見せ始めています。15日の2時間余の記者会見ではっきりしたことは,昨年の11月13日に社内報告があってから,2カ月後の昨日になっても,会社自体が事柄の全容を把握していないということです。全容はいつ,どのような形で明になるのでしょうか。

社長は2月初めにもケーキ製造を再開したい意向のようですが,クリスマス商戦を前に隠蔽したように,バレンタイン・ひな祭り商戦を優先させたいということでしょうか。もとより,社長を先頭にした強力なリーダーシップで,全容を把握し,問題を乗り切るということであれば,それも可能かもしれません。

しかし,昨日の記者会見での社長の発言からはそうした強い決意は私にはうかがえませんでした。象徴的な発言は次の2つです。
  「私は責任をとり,辞任してまいりたいというふうに思います」
     →なぜ「私は責任を取り辞任します」と言えなかったのでしょうか。
  「組織ぐるみと言われても仕方ないかと思います」
     →なぜ「残念ながら組織ぐるみでした」と言えなかったのでしょうか。

かつて,不二家製品ではピーナッツの入った「ハートチョコ」が私の愛好品でした。今では不二家製品に好みのものはありません。従って,私には全く関わりのないことですが,しかし,会社が事態の全容を依然として把握していないこと,昨日の社長発言のフヌケさから「この会社は潰れる」という感想を禁じ得ませんでした。
[PR]

by gakis-room | 2007-01-16 10:03 | つれづれに | Comments(8)
Commented by YUKI-arch at 2007-01-16 10:23 x
かって輝いていた企業が、
夢を見なくなって、
夢を与えられなくなって、
消えていくであろうと創造できます。
残念です。
Commented by gakis-room at 2007-01-16 10:45
「危機管理」の欠落でしょうか。それにしても松下電器は今更ながらBigだと思いました。
Commented by saheizi-inokori at 2007-01-16 12:59
不二家は又もやサンプルです。多くの企業・官庁が同症だと思います。
トップが世襲、ゴマすりでえらくなる、現場との遊離。
社長が残る限り再生は出来ないと思います。社員が立ち上げらない限り。
Commented by sayaya at 2007-01-16 23:30 x
ペコちゃんも消えてしまうのでしょうか…すごくそれが切なく思ってしまうのは、私だけなのでしょうか。
Commented by gakis-room at 2007-01-17 07:37
saheiziさん,「トップが世襲、ゴマすりでえらくなる」なんて,まるで,安倍君とその仲間にもいえそうです。
Commented by gakis-room at 2007-01-17 07:44
sayayaさん,ペコちゃんへの思い入れ,あるいはペコちゃんとの思い出は多くの人に共通しているのでしょうね。私は学生時代,バイトのお金が入った日の夜は,今みたいにファミレスなんてありませんでしたから,不二家レストランで食事とコーヒーとケーキ食べました。ちょっとした至福のときでした。
ところで不二家は外部からの支援がなければ再建は無理のように思えます。森永製菓が動くのではないかとも言われていますから,エンゼルマークの子会社としてのペコちゃんはあり得るかもしれません。
Commented by saheizi-inokori at 2007-01-18 10:22
「志」は親爺を継ぐことだなんて、そこらの商店なら微笑ましいですが、影響力の大きな、多くの従業員や国民の運命を左右する御仁がそれでは困りますね。
Commented by gakis-room at 2007-01-18 19:17
形式だけ嗣いで,内容,つまりは精神は全く嗣いでいないのですから,どうしようもありません。まだまだボロは出てきそうです。


<< 身辺些事・次のトラブルは何か      就職難から生まれた造語・韓国 >>