2007年 01月 07日
ちょっぴり残念なこと・若草山の山焼きの延期
きょう,密かに楽しみにしていたことがありました。1月7日は若草山の山焼きです。私の部屋は6階にあります。廊下から若草山までは8キロ程になるのでしょうか,それでも晴れた日には若草山が見えます。

それでデジカメのズームをいっぱいにきかせて山焼きの写真を撮ろうと目論んでいました。日中に確かめてみましたが,遙か遠方とはいえ,なんとかなりそうでした。しかし,開始予定の6時になってもその兆しがありません。インターネットで調べてみたら,なんと「強風のため13日に延期」とのことでした。

昨年も密かに期待していましたが,その時刻には食事をしており(と言うことは酒付きですから)忘れてしまいました。今年は,ちゃんとメモを机上に貼り付けて待ちかまえていましたが,しかし,延期です。

13日は,週間予報によれば「晴れ時々曇り」ですから,風が穏やかであることを期待するのみです。それ以上に,私が忘れてしまうのではないかと心配です。
[PR]

by gakis-room | 2007-01-07 18:54 | つれづれに | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/4520774
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 高麗山 at 2007-01-08 00:23 x
成人の日が、今の日程になる以前は15日が成人の日で、若草山の山焼きと長年決まっていました。
五十有余年前の話になりますが、その当時は6時の点火時間が過ぎても、入山したままでも良かったのです。悪餓鬼が徒党を組んで、棒切れの先に布を巻きつけたものに石油を沁み込ませて、未だ燃えきっていないところに、火をつけて回ったりしていたのです。
当時は消防関係も、人手不足だったのでしょうか、それらを黙認していた節がありました。
ある年の山焼きの明くる日に、私の中学に登校してみると、机の中に見覚えの無い学生帽が入っていました、見知らぬ他校の生徒の名前がありました。家に帰ってから新聞に目を通すと、昨晩の山焼きで、煙に巻かれて焼死した中学生の記事にある名前と、私の机に有った帽子の名前が同一人物ではありませんか。
前々日に、我が校が年度最後の模擬試験会場になっていた、奇しくも悲しい偶然の出来事でした。
それ以後は、点火以前から入山禁止になったことは言うまでもありません。
Commented by gakis-room at 2007-01-08 16:50
高麗山さん,偶然とはいえ,奇しき出来事ですね。若草山の山焼きへの特別な感慨を毎年,重ねられてきたことだと思います。


<< きょうは成人の日ですが…      きょうから寒の入り >>