2006年 12月 17日
12月は暖冬と言うのですが…
d0006690_12311382.jpg
「暖冬はどこへ行った」と思ったのは12月12日のことでした。きょう,テレビでは全国的に暖冬なんだと伝えていました。暖かくて早く育ちすぎて破棄される白菜,雪の極端に少ないスキー場,札幌では40何年かぶりに遅い初雪etc そんな映像が映し出されていました。

しかし,私はきょうも「暖冬はどこへ行った」と思ってしまいます。奈良の最高気温が平年より上回ったのは今月になってから5日で,昨日の16日までの平均では平年よりも1.1度ほど低くなっています。

念のために最低気温をみてみたら,平年より低かった日は逆に6日だけでした。「1日の平均気温」の16日までの平均では,平年も今年も同じ6.8度でした。一体,「暖冬」とは何を基準にいうのでしょうか。

最高気温で見れば,「暖冬」とはほど遠く,最低気温でみれば「暖冬」かなともいえるし,また,平均気温で見れば「平年並み」ということになります。ひょっとしたら,奈良だけが全国的な傾向に反しているのでしょうか。きょうも午後から外出の予定ですが,気分はあまり冴えません。
[PR]

by gakis-room | 2006-12-17 12:47 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/4394489
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 久し振りのカーリング      見当違いの責任の取り方・安倍首... >>