2006年 12月 05日
哀れ! 使い捨てられるチルドレン
昨日,変節11人組の自民党復党が正式に決まりました。これで,小泉チルドレンの使い捨ても決定したように思われます。ましてや,チルドレンの象徴でもあり,比較的知的とも思われていた女性議員2人が委員会採決を無断欠席したとあればなおさらのことです。

安倍首相はこの変節11人組を「お帰りなさい」と暖かく迎えましたが,国民には冷たく「責任は負う」と述べただけでした。冷たいと言えば,「日本夢づくり道場」と奇天烈な名前を付けられた集まりの塾頭,武部前幹事長はこのところマスコミにはとんと露出していません。

自民党若手議員の育成を目指すとされる「夢づくり道場」の道場開きで,武部塾頭が「刺客」議員たちを前に「戦った相手は古きあしき抵抗勢力といって過言ではない。改革の敵だ」,「自民党は改革政党になった。後戻りは絶対させない」と挨拶し,チルドレンから拍手喝采受けたのは11月7日のことでした。

それから,28日,チルドレンが危機なのに彼はどこへ消えてしまったのでしょうか。彼が若手20人を集めて立ち上げると言った「新しい風」(10月25日のブロク)はいまだに吹きそうにもありません。実は彼の挨拶の後,「夢づくり道場」最高顧問小泉純一郎氏が例の「使い捨て」発言をしていますから,「虎の威」を借り損ねて,「唇寒し」を決め込んでしまったのでしょうか。

小泉前首相の「使い捨て」発言には根本的な錯誤あるいは論理のすり替えがあります。
【小泉発言】
…政治家っていうのは,常に使い捨てされるということを覚悟しなければいけない。使い捨てにされるっていうことを嫌がっちゃいけない。総理大臣だって使い捨てにされる。国会議員だって,一回一回選挙ごとに使い捨てにされるということを覚悟しなきゃいけない。当たり前なんです。甘えちゃだめです。だからこのとき使ってもらった,選んでもらったということに喜びを感じながら,そのたび全力を尽くす。さらに使おうと有権者が思ったら,また使ってもらえばいい。使い捨てされるなんてイヤだなんて言った人は,国会議員にならない方がいい。常に使い捨てされて当たり前だと思って,日頃向上心を持って頑張っていただきたい…

有権者とその信託を受けた議員との関係では,有権者が次回の選挙で信託を拒絶すれば,それは比喩として「使い捨て」と言ってもいいでしょう。しかし,チルドレンは有権者に「使い捨て」されるのではなく,自民党に「使い捨て」にされようとしているのですから,哀れ!としか言いようがありません。
[PR]

by gakis-room | 2006-12-05 09:53 | つれづれに | Comments(6)
Commented by saheizi-inokori at 2006-12-05 10:25
自民党であり直接の責任者は小泉ですね。保身のために彼に従った陣笠・領袖も当然ですが、主犯小泉でしょう。よくも白々と、と思います。彼らを復党させるくらいなら自分は辞職するといって当たり前だろうと思いますよ。「自民党の諸君!君たちはおれを欺いていたのか!」と。
Commented by keijin at 2006-12-05 18:34 x
なんだか、こうなるのは最初から見えていたような感じが否めないですなね。でも佐藤ゆかりさんなんかも自分の保身に走るぐらいなら、しっかり働いて議員としての存在意義を証明してほしかったですね・・・。
Commented by gakis-room at 2006-12-05 19:23
saheiziさん,彼は郵政民営化法案の成立以降は政治的無関心になったように思っています。だって,あれだけの浪費をして卒業旅行なんかにうつつを抜かしていましたから。
Commented by gakis-room at 2006-12-05 19:29
keijinさん,2つの委員会採決をさぼった彼女は本当にドジですねえ。小泉前首相への恐怖を内にため込んだ議員諸氏には,バッシングの絶好の標的になったように思われます。
Commented by 高麗山 at 2006-12-05 21:41 x
刺客としての認識が有った者は、“沈着さと、勇猛心”を兼備して『士は己を知るために死す』の、信義を貫く必要がある。
チルドレンには、理解できないでしょうし、無理!
Commented by gakis-room at 2006-12-06 05:32
刺客としての認識はハナからなかったのでしょうね。


<< 季節のなごりの紅葉狩り      寒暖の差が大きかった11月 >>