2006年 12月 04日
寒暖の差が大きかった11月
d0006690_9275128.jpg
11月は,最高気温だけでみると平均では平年よりも0.9度高い暖かな月でした。しかし,日々の変化をみるとグラフのように寒暖の差が大きな月でした。前日よりも3度以上変化があった日が11日,そのうち5度以上変化があった日が5日もありました。

外出時の服装によく迷いました。12月はどうでしょうか。昨日の奈良の最高気温は前日よりも3.9度低い11.0度,最低気温は2.1度で,ともにこの冬の最低でした。今朝の7時の気温は0.1度でしたから,きょうは更に冷え込みそうです。

大阪管区気象台の長期予報によると,「12月2日〜1月Ⅰ日までの気温は平年並または高い確率ともに40%」とのことですから,おおむね暖冬ということでしょうか。しかし,これはトータルの話で,日々の気温は当然のこととして違ってきます。

3日後の7日は「大雪(たいせつ)」です。朝夕には池や川に氷を見るようになり,大地の霜柱を踏むのもこの頃からとか。いよいよ冬の到来です。しかし,私には寒さより日々の寒暖の差が気掛かりです。
[PR]

by gakis-room | 2006-12-04 08:41 | つれづれに | Comments(2)
Commented by 高麗山 at 2006-12-04 11:08 x
年末年始のスポーツイベント観戦には、暖かさは似合ません。ソロソロ、防寒具も出そうと思うので寒くなってくれー!     スキーんのエッジは、既に研ぎ挙げました。今年度は、妻に負けないように『膝』のケアーに努めます!!
Commented by gakis-room at 2006-12-04 15:37
ラグピーとスキーですか。昨日の早明戦は少し差がありすぎるようでした。花園ラグビー場に行ったこの何年前だったでしょうか。
ご夫妻でのスキー旅行いいですね。奥様には負けられない,は意地ですかね。


<< 哀れ! 使い捨てられるチルドレン      彩色された兵馬俑を見てきました >>