2006年 11月 28日
変節議員の復党と虚仮にされた国民
郵政民営化法案反対を掲げて当選し,その後1カ月余にいとも簡単に変節し,郵政民営化法案に賛成した11人の無所属議員の自民党への復党が確定しました。この11人の変節議員について,私は昨年の10月15日のブロク「悲しき国会議員」でつぎのように書きました。

…変節理由としては大半が「民意に従った」と言っていますが,民意を言うのであれば「自己を選出した選挙区の民意に従わず,保身に走った」と言うべきでした。…

ですから,この11人が首を垂れて「誓約書」なるものに署名をしたことについては,何の感想もありません。興味深かったのは公表された「誓約書」の内容が有権者を平然と虚仮にしていることです。

「誓約書」では(無所属で立候補して自民党公認候補と争ったことについて)「遺憾であり,重大な責任を認識している」として,「自民党および有権者に誓約する」としています。もとより,すでに有権者を虚仮にした11人が「自前の誓約書」として書いているのであれば驚くことではありません。

私が驚くのは,この誓約書は自民党の用意したいわば「統一誓約書」というべきものだということです。「自民党への誓約」だけでなく,「有権者への誓約」というのですから,この「誓約書」は11人を当選させた有権者を有権者として認めていない,いわばその存在を否定しています。

ですから,この「誓約に反した場合は議員を辞職する」と言ってしまいます。私の考えでは,議員の辞職はその本質において,その所属する政党との関係においてではなく,有権者との関係において,つまり,有権者の信託に反した場合になされるべきものです。それを自民党の党意に反した場合は議員を辞職するというのですから,民主主義の基本認識を疑ってしまいます。

換言すれば,この「誓約書」なるものは11人の選挙区の有権者だけでなく,全有権者つまりは主権者を虚仮にしているとしか言いようがありません。これを「筋(すじ)」と言うのであれば,「筋違い」も甚だしいというべきものです。

その筋違いのうえで,変節を重ねる議員が汗を流すことを期待する「美しい国づくり」,安倍首相談話は,私にはこの上なく醜いものでした。
[PR]

by gakis-room | 2006-11-28 11:28 | つれづれに | Comments(8)
Commented by saheizi-inokori at 2006-11-28 13:04
恥・論理という観念がまったくない人たちのやることは滑稽でもありますが、ことは我らが国政を預かる人々のこと、笑ってばかりもおれません。
平沼何某など馬鹿にしていたら少しは立派に見えてしまうところがなんともレベルの低い国になってしまったと口惜しいです。
Commented by Count_Basie_Band at 2006-11-28 14:35
「復党願」の「願」って時がオカシイですね。
復党したい連中と復党して貰いたい連中の間の合意なんですから、「願」というone-wayは違うだろうに、なんて言ったって利権のためだけに生きてるヤツらの内輪のことだから....
と言って放っておくわけにもいかないんですな。我々の税金はヤツらが決めるんですから。
Commented by YUKI-arch at 2006-11-28 15:18 x
小選挙区制の厳しさが伝わりますね。
個々の議員は何人かは生き残るのでしょうが、
自民の次は厳しいものになると思っています。
国民はそれほど甘くはありませんよ。
Commented by gakis-room at 2006-11-28 17:39
saheiziさん,
>平沼何某など馬鹿にしていたら少しは立派に見えてしまう
この人が復党できなくて,安倍首相は残念がり,片山参議院幹事長は焦りが倍加しているのでしょうか。それにしても,きょうの堀内氏の記者会見は無惨でした。加藤の乱以後,宏池会を代表していた痕跡すらありませんでした。
Commented by gakis-room at 2006-11-28 17:50
Count_Basie_Bandさん,ご指摘のように,本来はone-wayではないはずなのに,そうなってしまうのは政治資金がよほど枯渇したからでしょうか。
Commented by gakis-room at 2006-11-28 17:57
YUKI-archさん,平沼氏の養祖父の平沼騏一郎内閣は,独ソ不可侵条約の締結を「不可解」といって辞職しましたが,来年の参議院選挙の時には,北朝鮮の「不可解」によって安倍内閣は救われてしまうのでないかという予感がしてしまいます。
Commented by 高麗山 at 2006-11-29 11:58 x
“保身と金”のため、双方極致の節操の無さ。
“子や親”の命を殺める輩も許せないが、“人の心”を踏みにじる輩は、本当に許せない!  こう言うお家事情の間にも、教育基本法は、粛々と改定されて行く。
憤怒で、キーを打つ指の震えが止まらない。
Commented by gakis-room at 2006-11-29 20:02
小人,官邸に居して不善を大いに為す!


<< キムチ2題      サザンカとツバキ >>