2006年 11月 18日
「いじめるのは,はずかしい」ことか・文科相のアピールへの疑問
読売新聞によれば,文部科学省に相次いで郵送された「いじめを苦にした自殺を予告する匿名の手紙」は17日までに27通に達しているそうです。このためでしょうか,伊吹文科相は17日午後,子どもと大人に向けた2つの緊急メッセージを出しました。

いじめや自殺の問題で,大臣が緊急メッセージを出すのは,1994年に愛知県の中学2年生がいじめを苦に自殺し,その後も自殺が相次いだことを受け,当時の文相が1996年1月に緊急アピールを出して以来,10年ぶりのことだそうです。伊吹文科相の子供向けメッセージは次の通りです。

 弱いたちばの友だちや同級生をいじめるのは,はずかしいこと。
 仲間といっしょに友だちをいじめるのは,ひきょうなこと。
 君たちもいじめられるたちばになることもあるんだよ。後になって,なぜあんなはずかしいことをしたのだろう,ば
 かだったなあと思うより,今,やっているいじめをすぐにやめよう。

 いじめられてくるしんでいる君は,けっして一人ぼっちじゃないんだよ。
 お父さん,お母さん,おじいちゃん,おばあちゃん,きょうだい,学校の先生,学校や近所の友だち,だれにでもい
 いから,はずかしがらず,一人でくるしまず,いじめられていることを話すゆうきをもとう。話せば楽になるから
 ね。きっとみんなが助けてくれる。

私は2つの感想を持ちました。
①テレビでの文科相の会見を見る限り,文科相には相談する気にはなれない。
この短いアピールでさえ,原稿に目を落として読み上げる大臣にどうして信頼感が生まれるのでしょうか。「私に相談においで」との熱意はいささかも感じられませんでした。人に訴える時には(テレビを見ている)子どもの目を見て話す,というのがイロハですよ,文部科学大臣どの。

②アピール内容は間違っている
アピールでは「いじめるのは,はずかしいこと」と言っていますが,これは明らかに間違っています。いじめは,心身への暴力であり,犯罪であり,悪いことです。「いじめるのは,はずかしいこと」という認識が,文科省の官僚の認識なのか,大臣自身の認識なのかは不明ですが,何を考えているのですかねえ。

こんなていたらくですから,「君たちもいじめられるたちばになることもあるんだよ」と間抜けたことをいうのです。いじめられる立場になろうとなるまいと,「後になって,ばかだったなあと思う」か思わないかに関係なく,「お前が今やっていることは悪だ」となぜ言わないのでしょうか。

タウンミーティングでの「やらせ」の背景が伺いしれます。文部科学省は全国の教育委員会に,伊吹文科相のメッセージをすべての小中高校生に配布するよう要請しているとのことですが,間違いを全国にまき散らすというものです。「教育再生」以前に「文科省再生」が必要なようです,安倍総理大臣どの。
[PR]

by gakis-room | 2006-11-18 11:43 | つれづれに | Comments(6)
Commented by saheizi-inokori at 2006-11-18 12:33
新聞で読んで「キモイ」と思いました。彼らが良くあげつらう”左翼”の”良心的風”な作文のマンマ。「ふれあい」とか「真心」などという言葉をやたらに使う感覚!
なんだかいじめをやっている子をいたわっている様にきこえます。
「直ぐやめろ」とビンタのひとつもくれてやるべきではないのか?
そんな子を税金で勉強さておく事は出来ないから早くうちに帰りなさい!と。
Commented by gakis-room at 2006-11-18 18:07
文科省のホームページを見たら,保護者宛のアピールもありました。こちらは,もっと無内容でした。ひどいものです。
Commented by saheizi-inokori at 2006-11-18 22:03
私も書きました。リンクさせてください。
Commented by gakis-room at 2006-11-19 20:42
saheiziさん,ご丁寧なご挨拶,恐縮です。このような落書き程度のもので良ければ,いつなりとお使い下さい。私も勝手にTBさせていただきました。
Commented by へいたらう at 2006-11-25 15:58 x
大体に置いて同感です。

まあ、文部大臣が本当に書いたのか、役人がパフォーマンスの為に書いたのかはわかりませんが、文面自体は暖かい物のように感じられました。
ただ、ご指摘のように、「恥ずかしいこと」というのは、ちょっと・・・。

私なら、彼らに向かって、こう言います。
「君たち、日本という国をなめてはいけない。
君たちが思っているほど、この国は優しい国じゃない。
いじめた人が、自殺する人に『俺の名前なんか、書くんじゃないぞ!』と言ったところで、その人は死んでしまえば関係ないんだから、書きます。
その結果、どうなるか。
そこに名前が載ると、毎日、マスコミが家に押しかけてきます。
名前は、どこからか、漏れて、毎日、昼も夜も、いたずら電話がかかります。
それから、お姉さんがいる人は、縁談がなくなります。
次に、バス停で立っていたら、誰かが、『あいつだよ』などと言ってると思ったら、見知らぬ人から、突然、蹴られます。
次に、就職しても、それがばれたら、会社には居づらくなります。
日本は、そういう国なのです。」と言います。
Commented by gakis-room at 2006-11-26 10:21
へいたらうさん,いじめにはその報いがある,と言うよりも私にはやはり悪でしかないという感じが強いですね。


<< ダメなものを更にダメにする・教...      紅(黄)葉の季節です >>