2006年 10月 14日
池の畔の大きな柿の木
d0006690_4581474.jpg「例の田舎道」の風景です。ため池のほとりに大きな柿の木があって,文字通りたわわに柿の実がなっています。

多分渋柿なのでしょうが,見事なものです。


d0006690_4582961.jpg私は柿を求めて食することはありません。しかし,干し柿は好きで,これはよく買い求めます。

プロセスチーズは食べませんが,毎朝のの食事はピザトーストです。好き嫌いとははこんなものなのでしょうか。

店頭ではすでに柿に代わって,リンゴの季節になっいます。リンゴもあまり食べませんが,紅玉は例外です。こちらは店頭で見つけるとすぐに買い求めます。
[PR]

by gakis-room | 2006-10-14 05:19 | 花の手帳 | Comments(4)
Commented by tokuro94 at 2006-10-14 10:00 x
 おはようございます。僕も柿は買って食べたことはありません。あと渋柿の「渋い」というのを味わったことがありません。柿をとって食べるときはいつも「見分けられる人」がいらっしゃいます。
 
Commented by gakis-room at 2006-10-14 12:47
「見分けられる人」ってすごいですね。何かの目安なりがあるのでしょうか。1つの才能ですね。
Commented by 高麗山 at 2006-10-14 21:37 x
関西では、ツルの子という種類ですね。近頃は、農家の人も干し柿にしたり合わせ柿にしたりすることが、極めて少なくなりました。寧ろ、年を越しても実落ちがしないので、鑑賞用に残している家もあるようです。
Commented by gakis-room at 2006-10-15 13:48
「ツルの子」とはきれいな名前ですね。知りませんでした。庭先ではありませんが,私には十分に観賞用になっています。


<< 10月4日の翌日が10月15日...      霧の朝 >>