2006年 10月 08日
十六夜でも本当は満月です
d0006690_4155349.jpg昨日は何度も空を見上げました。昨日書いたように「1日遅れでも満月を見てやる!」と思っていましたから,朝から空模様というよりも雲が気になって仕方がありませんでした。

雲はたっぷりと広がっていましたが,全天を覆い尽くすということはなく,洗濯物が乾くだけの日差しはありました。

しかし,7時前に夕食の準備を終えて外にでで見ましたが,残念ながら月は見えませんでした。でも昨年の例もある,と勝手な期待をしておもしろくもないテレビを見ながらの夕食です。

昨年は,午後9時過ぎから雲がなくなり,月を見ることができました。8時前だつたでしょうか,ベランダに出てみると空は何となく明るい感じです。

食事を中断して「近くの公園」に行ってみました。出ていました,きれいな満月です。冷たい風がありましたが,ベンチでしばらく眺めていました。

次の満月の楽しみは来年の3月4日です。この日は旧暦1月15日,小正月です。何でもこの日の月が一番大きく見えるとか,聞いたことがあります。

今朝は軽い頭痛がします。風にあたっていたために風邪を引いたのか,なんとなく嬉しくなって飲み過ぎたためか定かではありません。
[PR]

by gakis-room | 2006-10-08 04:19 | つれづれに | Comments(2)
Commented by haruikuyoshi at 2006-10-09 01:28
今日もきれいに見えましたね。
なんか吸い込まれるような感じで、ついつい見とれていました。
Commented by gakis-room at 2006-10-09 05:38
haruikuyoshiさん,お久しぶりです。月はいいものですね。月を見ているとなんとはなく,落ち着いた感じになります。


<< 1895年10月8日・閔妃暗殺      中秋の名月と仏滅と六曜… >>