2006年 09月 19日
第7回京都国際マンガ展2006
d0006690_16542123.jpg「第7回京都国際マンガ展2006」に行って来ました。マンガと言っても cartoon ですから,「風刺マンガ」展と言うべきものです。テーマは「不戦の誓い−美しい地球に生きる−」でした。

チケットに配された絵は,今年のマンガ展でグランプリを受賞した作品で,作者はポーランドのパウェル・クチンスキー氏です。

傷ついた,あるいは病んだハトの表情が印象的でした。そして,もうくわえることもないオリーブの葉が朽ちかけて散っていくところが何とも痛ましさを感じさせます。

各国からの風刺画で溢れた会場は,たまたまその時間帯だけのことだつたかもしれませんが,もう少し入場者が多くても言いように思われました。「国際マンガ展」でなく「国際風刺マンガ展」でも良かったように思います。

主催はマンガ学部を持つ京都精華大学で,京都市美術館別館,24日までです。
[PR]

by gakis-room | 2006-09-19 16:55 | つれづれに | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/3836123
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 高麗山 at 2006-09-19 21:47 x
我々、”不選良”に残された、数少ない「鬱憤晴らし」は、諷刺画、川柳、投稿です。
gakis-roomへの異常なコメント投稿数、いよいよ、何かの終焉への、”口開け”ですかな?
Commented by 高麗山 at 2006-09-19 22:17 x
>政.教育界に、”諷刺一発” 「ガキなれど、教授のマネに手を拱ね」 高麗山
Commented by Count_Basie_Band at 2006-09-20 04:46
高麗山さん

>gakis-roomへの異常なコメント投稿数、いよいよ、何かの終焉への、”口開け”ですかな?

同感です。
Commented by gakis-room at 2006-09-20 10:10
みなさんの私のブロクへの関心にただ手を拱くのみです。謝謝。
Commented by YUKI-arch at 2006-09-20 16:24 x
地道に、言わなければならないことを、言い続けていく。
gakiさんの真骨頂に、共感しているのだと思います。
Commented by gakis-room at 2006-09-20 18:20
YUKI-archさん,何と言ったらいいのでしょう,ただだ恐縮です。


<< 彼岸の入りの思案      小・中学校も勝ち組と負け組に分... >>