2006年 09月 07日
憲法が泣いていないか
秋篠宮妃の出産について,各紙の社説の見出しは以下の通りです。すべて「男子」の出産を言祝いでいます。

【読売】 [紀子さまご出産]「皇室の男子ご誕生を喜びたい」
【朝日】 男子ご誕生 心から喜びたい
【毎日】 男児ご誕生 心からお喜び申し上げます
【産経】 紀子さま出産 静かにご成長見守ろう 意義が深い男子皇族の誕生
【日経】 おめでとうございます男児ご誕生

なぜ生まれた子が男子であったことが,このように強調されなければならないのでしょうか。答えは簡単です。皇室典範第1条で「皇位は,皇統に属する男系の男子が,これを継承する」となっているからです。

今年の2月9日にも書いたことですが,この第1条の規定が,憲法の13条「すべて国民は個人として尊重される」と14条「法の下の平等」の原則および民法の相続の原則に反していることは明白です。

皇位の継承がこれらの原則に反していてもかまわないという法理論とはどのようなものでしょうか。民法の相続の原則はさておいても,皇室典範は最高法規である憲法の下位法です。

戦前は違いました。明治憲法の発布にあたっての「告文」(神に申し上げる言葉を記した文書)では,「皇室典範及ビ憲法ヲ制定ス」とされています。皇室典範は,天皇主権の明治憲法下では議会の立法作用の及ばない天皇家の家内法です。ですから「法」ではなく「典範」です。

私には,早急にすべきことは憲法の最高法規性を回復することのように思われます。そして,その名称も国会の議決した法として「皇室法」と改めることです。

読売新聞は「どのような皇位継承の在り方が望ましいか。また国民の共感を得られるか。政府・国会の責任として,冷静に,しっかりと考えていってもらいたい。皇室は,日本の文化と伝統の象徴である。多くの国民に敬愛されている。皇室の制度を危うくさせてはならない」としています。

各紙とも多少のニュアンスの違いあっても,その内容はおおむね同じです。「多くの国民に敬愛されている」皇室は,せいぜいのところ象徴天皇制になった戦後になってからのことで,「日本の文化と伝統の象徴」は事実に反します。

昨日からきょうにかけて,新聞をふくむメディアと私の憲法感覚との違いにいらだちは募るばかりです。
[PR]

by gakis-room | 2006-09-07 19:05 | つれづれに | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/3735493
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 高麗山 at 2006-09-08 01:31 x
餓鬼論に、全く異論はありません。ただ単なる、疑問を述べさせて下さい。
① 《第1条》…、「この地位は、主権の存する国民の“総意”に基く。」 総意に、基いて存在するのでしょうか?
② 《第13条》「すべて”国民”は、個人として尊重される」
”皇族”は、国民ですか? 納税の義務は? これ以上言うと、家が、燃えかねません!!
Commented by gakis-room at 2006-09-08 06:19
①にいては,現憲法が国民投票にかけられたのわけではなく,明治憲法の改正という形をとりましたから,国民にとっては国家権力にによって「押しつけられた憲法」ということになるでしょうか。
②については,天皇を除く皇族の法的性格についての根拠法を私は知りません。天皇については,憲法の条文からは,その法的性格は「非国民性」,「非権利能力性」,「非責任性」だと思っています。
Commented by だいきんぐ at 2006-09-08 10:50 x
私も違和感を感じつつこの情報を受け入れてました。
天皇の孫が誕生したことは、確かに「おめでとう」ですが、腑に落ちない・・・。
男だから「おめでとう」?命の選別につながる気がして怖いです。
女だから天皇になれない?男も女も権利は平等じゃないの?
Commented by heitaroh at 2006-09-08 11:10
秋篠宮夫妻や、皇太子夫妻は、皇太子夫妻の今の苦労を見ても、それでも、やはり、自分の子を天皇にしたいと思っておられるのでしょうか?
Commented by saheizi-inokori at 2006-09-08 11:21
天皇機関説に対してヒステリックな反応があったような空気が今また作られているような気がします。
人間としての天皇・皇族を強調する善意の感情を上手に利用しているような気がします。
基本的人権を保障されず、否定されているはずの貴族階級としての皇族のあり方をきちんと議論すべきだと思います。
Commented by YUKI-arch at 2006-09-08 17:03 x
違和感、ますます深まっていきます。
自分が何か孤立していくようで、楽餓鬼さんの記事を読んで、ほっとしています。
Commented by gakis-room at 2006-09-09 05:04
だいきんぐさん,わたしにとっては「第3子は男であった」と言うだけのことです。それ以上の意味付けは無用のように思います。しかし,メディアを含めてそうでないところが,この国の美しくないところだと思っています。
Commented by gakis-room at 2006-09-09 05:08
heitarohさん,私には,「自分の子には苦労させたくない」という親心とは無関係で,ただ「天皇制の呪縛」の強さが印象的です。
Commented by gakis-room at 2006-09-09 05:12
saheizi-inokoriさん,皇室典範改正問題を含めて,憲法学者はなぜ発言しないのでしょうか。それが不思議です。不勉強故に私が知らないだけかもしれませんが。
Commented by gakis-room at 2006-09-09 05:16
YUKI-archさん,恐縮です。フランスのシラク大統領は「日本国民にとってきわめて重大な出来事を祝福する」とのメッセージを天皇あてに送ったそうです。このフランス人の人権感覚も大したことないな,と思いました。


<< 月蝕もなく,「白露」というのに...      しみじみと夜 >>