2006年 09月 06日
しみじみと夜
秋の夜長と言うにはいささか早すぎますが,昨日きょうの気温はすっかり秋です。一昨日までは暑さを「8月の○○並みの…」と言っていいましたが,昨日きょうは涼しさを「9月の下旬並みの…」と言うところでしょうか。しばらくは,比較が暑さと涼しさを交錯しそうです。

とまれ,断続的に雨は降り続き,雷鳴も繰り返されています。午後11時の気温は21.6度。しかし,雷鳴の途絶えたしじまでは雨の音だけがかすかに聞こえてきます。窓から吹き込む風は涼しく,しみじみと秋の夜です。

一眠りして目覚めたせいでしょうか,何かを考えているようで何も考えていない,何にも思いをはせていないようで何かに思いをはせている,不思議な時間です。グラスの中で動いた氷の音を久しぶり聞いたように思います。
[PR]

by gakis-room | 2006-09-06 23:56 | つれづれに | Comments(0)


<< 憲法が泣いていないか      「3本足のカラス」あれこれ >>