2006年 09月 02日
無題あるいは「美しい国 日本」
d0006690_16441852.jpg「美しい国 日本」,なんだか旅行社のできの悪いコピーのような感じです。「美しい島々の優しい風に誘われる」,これは奄美大島・八重山諸島へのJTBのコピーです。

政治家から「美しい」とか「愛」とかを聞かされると,無条件に胡散臭さを感じてしまいます。しかもそれが抽象的的で情緒的な饒舌であれば,なおのこと隠しているものは何かと勘ぐりたくなります。私の悪い癖です。

国民を追っかけ回して「私を愛せよ」と強制する国家,それは「ストーカー」ではないかと思ってしまいます。

私の知りたいのは,普通国債だけでもきょう現在の累積残高538兆5千億円,国民ひとりあたりにすると422万円のこの国の借金をどうするのかということです。私の死後のことでしょうが,20年,30年後の年金制度は果たして存続しているのかとふと心配になったりします。

「再チャレンジ」というけれど,厚生労働省の最近の発表によると,7月末の有効求人倍率が全国で最低の青森県は0.42,対して全国1位の愛知県は1.94です。この5倍近い格差を埋める「再チャレンジ」の方策こそが知りたいところです。

郵政民営化すればすべてがうまくいく,とのたまった師匠ですが,日本郵政公社は全国4696の集配局の22.3%,およそ4分の1の1048局の集配を廃止しようと張り切っています。

政治の貧困,政治の哲学の貧困がつづいても,山河はさりげなく季節を装います。「近くの公園」ではすで萩が花を咲かせていました。
[PR]

by gakis-room | 2006-09-02 16:45 | つれづれに | Comments(4)
Commented by 高麗山 at 2006-09-02 23:35 x
今夏、機会があって、夕張、美唄、芦別の北海道旧炭田地帯を巡ってきました。債務540億に達する「財政債建団体」に指定された、夕張市は「ススキ」だけが揺れる惨憺たる街に変貌していました。’16年のオリンピックに名乗りを挙げていた、福岡、東京も一人当たり、それぞれ、200万と140万の債務都市だそうです。総理でもないのに、慎太郎さんから泣きつかれた安倍さん、如何しますかね?因みに、夕張メロンが、近隣の、富良野メロンやそれぞれの町の名前に変わっていました。
Commented by gakis-room at 2006-09-03 11:40
「夕張メロン」のブランド名もなくなってしまったのですね。残された庶民にとっては,途方に暮れる以外ないとすれば,切ない話ですね。
Commented by saheizi-inokori at 2006-09-03 23:51
お坊ちゃまたちの勝手にさせておきたくはないですね。いったいどうしたらよいのか私も途方にくれます。
Commented by gakis-room at 2006-09-04 01:51
昨年の9月11日のツケがまわってきたというか,ボディブロウがじわっときいてきたというか。なおしばらくは,我慢,我慢と呟いて,ビールを飲む口実にでもしましょうか。


<< 「美しい国」と言葉遊び      8月・奈良の昼間は那覇よりも暑... >>