2006年 08月 16日
戦争の終わり方・極東国際軍事裁判(東京裁判)考
小泉首相の靖国神社参拝のニュースを見て最初に浮かんだ言葉は「イタチの最後っ屁」でした。8月15日に限らず,首相の靖国神社参拝が日中・日韓関係をさらに悪化させることを承知しながら,その後のことは「ポスト小泉」に任せるというのですから,為政者としてはこれほど無責任なことはありません。

小泉首相は弁解記者会見で,「反対勢力は…」と言っていました。そんな「勢力」があるとは知りませんでした。暇にまかせてきょうの各紙の社説を確かめてみました。北海道新聞,河北新報(仙台),新潟日報,読売新聞,朝日新聞,毎日新聞,日本経済新聞,東京新聞(これは中日新聞と同一の社説),中日新聞,神戸新聞,中国新聞(広島),西日本新聞(福岡)の各紙はすべて小泉首相の靖国神社参拝に批判的でした。

産経新聞だけが「国民を代表しての堂々とした歴史的参拝であった」と褒めちぎっていました。およそ批判することを拒絶した「心の問題」がどうして「公約」なのか,私には単なる「独りよがり」にしか見えません。

ところで,参拝賛成派の何人もがA級戦犯合祀にかかわって,東京裁判は事後法による裁判であった,あるいは勝者が敗者を強圧的に裁いたものとしてその不当性を主張していました。私はこの人たちは「東京裁判をまるで今日の刑事裁判のように純司法的にしか考えていない」とその歴史認識に驚きました。

私は東京裁判は司法的装いをもった戦争の終わり方,つまりは政治であったように思っています。なぜなら,それ以前の戦争では勝者は敗者に対して領土の割譲と膨大な賠償金を要求してきました。日本も日清戦争,日露戦争,第1次世界大戦で,勝者としてそうしてきました。

第2次世界大戦では,すくなくともアメリカはそれまでの戦争のように,敗者の日本に対しては賠償金を要求することはありませんでした。領土の割譲を求めることはありませんでした(沖縄もアメリカ領になつたのではありません)。ニュルンベルク裁判も東京裁判も戦争の終わり方としては画期的な終わり方であったように思われます。

「東京裁判のない戦争の終わり方」があったとすれば,それまでに人類がやってきたことにしたがって,日本に対して膨大な賠償金と領土の割譲の要求を踏襲することでした。そして勝者と敗者の間に怨念が残りました。東京裁判での「死刑判決」に疑問がないわけではありません。しかし,「戦争の終わり方」を欠落させたままで,「東京裁判不当論」者は東京裁判に代わるどのような「戦争の終わり方」を想定しているのでしょうか。
[PR]

by gakis-room | 2006-08-16 18:57 | つれづれに | Trackback(1) | Comments(8)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/3586691
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 平太郎独白録 親愛なるア.. at 2006-08-17 19:10
タイトル : 東京裁判における力と論理のパラドックス
親愛なるアッティクスへ 昨今、中韓の反日デモ以来、東京裁判の法的効力の是非や公平性を云々する意見を多く耳にするようです。 しかし、私としては、これはあまりにも無意味なことのように思えてなりません。 そもそも、戦争に勝った国が、敗戦国に対して、公平な裁判を実施してやらないといけない担保は何でしょうか? ジュネーブ条約、ハーグ条約etc・・・、それを遵守しなかった国は、それ以上の強国が軍事力を以て、自国民の血を流してまで制裁してくれるのでしょうか??? また、アメリカのように、それ以上の強国...... more
Commented by YUKI-arch at 2006-08-16 23:08 x
最後っぺですね。中国、韓国に首脳会談を拒否されたことも、腹に据えかねたようです。つい屁をかました。ついにかな。
公約が思想信条の問題にすり替わったり、まことにお粗末なお方でした。
Commented by saheizi-inokori at 2006-08-17 08:40
同感です。靖国、東京裁判・・単独に取り出して考えるのではなく戦争全体の責任者、責任の取り方、戦争の終わり方として考えるべきですね。
Commented by Count_Basie_Band at 2006-08-17 15:51
>,「戦争の終わり方」を欠落させたままで,「東京裁判不当論」者は東京裁判に代わるどのような「戦争の終わり方」を想定しているのでしょうか。

長年、どう表現したらいいのか考え倦ねていたポイントです。
これでスッキリしました。ありがとうございます。
Commented by gakis-room at 2006-08-17 17:51
YUKI-archさん,まったくもって非論理的なお人です。「靖国参拝」を総裁選の論点にしたのはこのお人ですからね。私には「遺族会に関わる票がほしかつた」という低次元の思惑からはじまったように思われます。
Commented by gakis-room at 2006-08-17 17:54
saheiziさん,私はこの戦争は,軍事的には8月16日の停戦命令,政治的には東京裁判,法的にはサンフランシスコ講和条約をもって終わったと思ってきました。
Commented by gakis-room at 2006-08-17 17:58
Count_Basie_Bandさん,恐縮しています。
Commented by heitaroh at 2006-08-17 19:10
Count_Basie_Bandさんより、ご推薦を受け、拝読させて頂きました。
まったくもって、同感です。

それが、極めて、アメリカの恣意的な物であったにせよ、戦争裁判という戦争の終わらせ方は、確かに画期的な物であったでしょう。
第一次大戦での、取れない相手から取ることの不合理さからでたことであったにせよ・・・ですね。

ということで、今後とも宜しくお願いします。
Commented by gakis-room at 2006-08-17 20:07
heitarohさん,いらっしゃいませ。賠償金と領土の割譲要求とは逆に戦後復興のために経済援助までもしたのですから,やはり画期的です。その援助,つまりはあの脱脂粉乳のミルクのおかげで,私は二十歳近くになるまでは牛乳がのめませんでしたが(笑)。これからもよろしくお願いします。


<< どうする? 朝日新聞,産経新聞...      「なら燈花会」に行って来ました >>