2006年 08月 08日
きょうは立秋ですが…
きょうは立秋です。暦の上ではきょうから秋。確かに統計で見る限り,奈良ではは8月4日をピークに1日の平均気温も最高気温も下がり始めています。しかし,周りを見ても秋の気配は何もありません。

「秋來ぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞおどろかされぬる」という歌がありますが,どんな「風の音」なのでしょうか。昔から疑問でした。繊細さなら断然こちらの歌です。
  馬追のひげのそよろに来る秋はまなこを閉じて思い見るべし

午前11時の奈良の気温は28.7度で,昨日の同時刻に比べると3.4度も低いのですが,これは台風のせいです。先程,和歌山県南部に暴風警報が出されました。北よりの風が強く,窓を閉めていると汗ばんできます。台風が去った明後日からは残暑も厳しそうです。
[PR]

by gakis-room | 2006-08-08 11:47 | つれづれに | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/3530057
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by sakura at 2006-08-08 23:32 x
今日の夕焼けは燃えるような真っ赤でした。
台風の影響でしょうか? 東京は案外涼しいです。
Commented by ピョルスニ at 2006-08-08 23:45 x
私が秋を感じるのは、ツクツクボウシが鳴き出したときと、空が少し高くなって、積乱雲から秋の雲にかわっているのを見た時です。正岡子規は「春雲は綿の如く 夏雲は岩の如く 秋雲は砂の如く 冬雲は鉛の如し」と表現しました。さすが、子規、言い得てますね!
Commented by gakis-room at 2006-08-09 10:58
sakuraさん,それでも昨日の奈良の最高気温は31.6度でした。そして,京都の最高気温は34.1度,最低気温は28.0度でしたから,やはり京都は暑いですよ。
Commented by gakis-room at 2006-08-09 11:03
ピョルスニさん,私もツクツクボウシの鳴き声を聞いた時に,夏の終わり,秋の始まりと決めています。しかし,奈良地方気象台によると,ツクツクボウシの初鳴きは,平年は8月7日で,昨年は8月8日だったそうです。


<< 十五夜なのか,十六夜なのか      サルスベリの花 >>