2006年 08月 03日
祝福されなかった新チャンピオン誕生
かつてこれだけ祝福されなかったボクシングの新チャンピオン誕生があったでしょうか。新聞報道によれば,タイトルマッチを中継したTBS(関西地区は毎日テレビ)には3万3千余の電話が殺到したそうです。その内容は,8時50分からの試合開始にもかかわらず,7時30分から引き延ばしていたことと判定への疑問だったようです。

中継を見ていた私の印象では明らかに新チャンピオンは負けていたように見えました。新聞も批判的でした。駅の売店で通りすがりに見たスポーツ紙の見出しは例によってあからさまでした。

私の見た限りではワイドショウのあるものは控えめに,あるもの当て擦りにも似た冷ややかさでした。ただ,TBS系列だけが,本人を生出演させていたのが際だっていました。TBSは興行的に成功したと思います。視聴率は関東,関西ともに40%をゆうに超えました。夕刊フジによれば,経済効果は108億円だということです。しかし,私はTBSの見識を疑いました。

それは判定に対してでも,中継の引き延ばしに対してでもありません。私の疑問は,19歳にもなっておよそ小学生の悪ガキでもしない振る舞いと悪たれを,荒々しさとして英雄視して,これを煽ってきたことへの疑問です。テレビ局といえども興行主として話題づくりは,営利企業として当然のことです。しかし,全国ネットをもつテレビ局にはそれ相応の品位があっても良いように思います。

私はスポーツ選手に人間としての立派な倫理的なモデルを求めることに賛成できません。スポーツ選手の評価はスポーツそのものの中だけに求めてるべきだと思ってきました。ですから,高校野球の「甲子園」の促成の薄っぺらな美談と「純真さ」にはいつもうんざりしてきました。19歳の新チャンピオンのこれまでの言動は不快以外に何もありませんでした。

象徴的に言えば物を食べながら記者会見の臨んだ19歳,つまりその後の新チャンピオンを取り巻く大人たち,たとえば彼の父と母,あるいは所属ジムの会長のへの疑問はあります。しかし,それは私的な領域での価値観の問題です。TBS系列の放送は公的な領域です。何よりもこのことが問われていいように思います。
[PR]

by gakis-room | 2006-08-03 22:25 | つれづれに | Trackback(2) | Comments(4)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/3496699
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 墓の中からコンニチワ at 2006-08-04 16:09
タイトル : 別なショービジネス
祝福されなかった新チャンピオン誕生  試合が終わったら勝者が敗者のコーナーに出向いて挨拶し、敗者の拳を持ち上げて健闘を讃えるのがボクシング。それをやらないのだから彼らがやっているショーには別な名前を与えるべきでしょう。幸い、「亀田ギャル」のほとんどはプロレスファンだそうなので、向こうに移る方が良いんじゃないかな。ビジネスとしても儲かるでしょう。  原田会長は無言で会場からそそくさと立ち去ったそうなので、彼も同じことを考えているのかな。... more
Tracked from 平太郎独白録 親愛なるア.. at 2006-08-17 19:13
タイトル : 新庄の襟問題に見る具志堅氏の亀田批判は同種同根。
親愛なるアッティクスへ ←以前、吉野ヶ里遺跡に行ったときに張り出してあった物です。 残念ながら、左側の項目の欄が欠けているのですが今度、行く機会があったら、もう少し、よく撮ってきますので、これにてご容赦を・・・。 どうやら、私は間違いなく、争いを好む弥生人のようです。 争いを好むと言えば、先日、ボクシングの亀田興毅選手ら「亀田三兄弟」について、元世界王者で東日本ボクシング協会副会長の具志堅用高氏が、所属先の協栄ジムも含め、痛烈に批判したという話がありましたよね。 参考:またもや苦情で...... more
Commented by 高麗山 at 2006-08-04 06:30 x
”奇ッ怪な事件”が続くと、スポーツ界にまで影響が出てくるのですね!    
 ただ、試合の終了時点で、あとかたずけをしていた、我が女房殿が激憤致しました。    理由は、明白です!普段から「ぞんざい語」を使う彼に、些か腹を立てていた女房殿の”逆鱗”に触れてしまったからです。  缶ビールヒトカン一気呑みでした!!
私も、かなり《汚い、ぞんざいな》関西弁は知っていますし、使いもしますが、公の場では発することは無かったと思います(自信無し)   サッカーや野球選手などは、青少年への影響に配慮して、「言動を」を慎むと言うようなことをよく口にします!「仮初にも」世界チャンプになったのですから、ボクシング界は言うに及ばず、後押しをしたメデイア、『全国青少年健全育成会』なる奇ッ怪な団体は充分なケアーをする、責任が生じてくるでしょう!!
6日からは、二大商業新聞が主催する、夏のほうの大会が始まります、決してTBSでは有りません!高野連と商業新聞の大人どもが、少年達を、『クイモノニ』にするのです(諸々の理由をつけて)!!他の、スポーツにも『平等』な目を向けて!!  
Commented by ピョルスニ at 2006-08-04 10:06 x
本当に不愉快な試合でした。母と見ていたのですが、ボクシングに詳しくない私たちが見ても、彼は<負けた>と思っていました。
昔から沢木耕太郎さんの作品が好きで、その中にもいくつかボクシングの世界が描かれています。「一瞬の夏」や「クレイになれなかった男」の主人公、カシアス内藤さんは、ガンと闘いながら、沢木さんはじめ多くの人に支えられて、小さなジムを開き、ボクサーを育てています。今回のショーのようなお金が見え隠れする試合は、ボクシングにひたむきに取り組んでいる人さえも汚したと思います。この試合に関わった人達の責任は大きいと思います。まわりの大人やお金にスポイルされたチャンピオンは、「もっとつよならなあかん。」と言う前に『もっと、人前できちんとしゃべり、マナーをみにつけなあかん』と思います。
Commented by gakis-room at 2006-08-04 11:49
高麗山さん,ピョルスニさん,TBSは04年3月のプロデビュー第2戦以降,独占中継をしてきたそうです。それで,みのもんたが「朝ズバッ!」でやけに持ち上げてきたこともやっとわかりました。リングアナウンサーが一方に肩入れしていた理由もわかりました。脚本,演出がTBSであった三文芝居だったようです。昨日までは,「勝てばいい」を「金儲けできればいい」の堀江・村上の二人の論理と重ね合わせていました。きょうは,それに「視聴率が稼げればいい」を重ねることにしました。きょうの朝日新聞の24面でTBSスポーツ局の菊池伸之プロデューサーの以下の談話を読んだからです。彼は「ただのボクサーではこの視聴率は出ない。人間的な魅力が支持されているのだと思う」といっています。菊池伸之という人にとって「人間的な魅力」とは何なのでしょうか。「視聴率を稼ぎすぎたから嫌われた」とでも言いたげです。今月の20日に次男の試合をTBSは中継します。二人目のスポイルされた闘犬(放送中に聞いた「なにわのとうけん」が闘犬ではなく闘拳と知ったのは翌朝でした)がつくられるのでしょうか。
Commented at 2006-08-08 19:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 高麗美術館(京都市北区)      悩ましい「カンソン美術館」 >>