2006年 07月 20日
雨の日の三千院
d0006690_2092273.jpg午後から京都の三千院に行って来ました。朝から激しい雨が降っていましたが,こんな日はきっとガランとしているに違いないと思いました。

思惑はあたりました。人影はまばらにありましたが,境内のあちこちではほとんど私ひとりだけがいる,といった状態でした。「風景を独り占め」した感じでした。

d0006690_2093640.jpg梅雨の雨の降る日の三千院は,30数年前に行って以来,これで2度目です。三千院についての記憶はほとんど間違っていました。

庭には,「わらべ地蔵」が4体ありました。これは私の記憶にはありませんでした。上の写真は電車内の広告で見て,ぜひ見てみたいと思いました。

京都のお寺は,梅雨の雨の日か,冬の雪の降る日がいい,とは学生時代からの思いこみです。明日も雨みたいです。2匹目のドジョウを獲りに行くつもりでいます。
[PR]

by gakis-room | 2006-07-20 20:31 | つれづれに | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/3411632
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by haruikuyoshi at 2006-07-20 22:41
私も同感です。
本当は雪のしずかな日が良いんでしょうが、寒いのはつらい、、。
やはり雨の日はしずかでいいですよね。観光気分ではなくお参りに来たと言う、落ち着いた気分に浸れそうです。

Commented by 高麗山 at 2006-07-21 00:29 x
若かりし頃、化野はカメラワークの最重要地点でした。種々のコンテストにも、度々、入選、受賞した思いでの地です。ですが、深い思いではなく、大覚寺裏の尼寺の印象くらいが関の山です。どう見ても、貴方は孤独くを愛されるのでしょうが、たまには、”百言居士”を杖にして彷徨うのも、一興ではございませんか?植物園もしかり!
Commented by ピョルスニ at 2006-07-21 00:31 x
私も三千院には、学生時代に3度ほど行っているのに、わらべ地蔵の記憶がありません。見落としていたのでしょうか。
真冬の三千院も静かでよかったです。でも、寒かった、、、。
やはり学生時代、梅雨の頃に苔寺へ行ったのですが、静かで、雨が似合うなぁと思いました。
あと、雨の時によく行ったのは、詩仙堂。円通寺も好きでした。
もう随分行っていませんが、gakiさんのおかげで、その頃にふっと戻ることができました。
Commented by gakis-room at 2006-07-21 08:01
haruikuyoshiさん,京都の冬は寒く,しかも雪が降っていればなおのことです。でも,閑静さと景色の独り占めの気分は格別です。今年の1月の植物園でもそうでした。
Commented by gakis-room at 2006-07-21 08:14
高麗山さん,「気象予報士」といい,「百言居士を杖にしての彷徨」といい,いつも「挑発」をありがとうございます(笑い)。化野で思い出しました。保津峡から清滝経由で化野まで歩いたことがあります。オンシーズンでも人がすくなく,けっこうお気に入りです。でも,雨の日には向いていないですね。
Commented by gakis-room at 2006-07-21 08:22
ピョルスニさん,人のいない観光地ってけっこう好きですね。高麗山さんのいいように,別段,孤独を愛するわけではありませんが,なぜでしょうか。
Commented by saheizi-inokori at 2006-07-21 12:25
季節も場所も違いますが井の頭公園の雨の桜がいいです。池のボートが一切出ていないし、人も少ない。雨に濡れた花が素晴らしい。
Commented by gakis-room at 2006-07-21 21:39
saheiziさん,井の頭公園には1度行きました。1月の初旬だったと思います。弁財天の祠(?)にも行きました。娘が「わたしんちの庭」と自慢するだけあってとても素敵なところでした。ましてや,池にボートもなく,人も少ない雨の桜の季節,素敵に決まっています。


<< 竹の寺・地蔵院に行って来ました      きょう,ようやくセミの鳴き声を... >>