2006年 07月 19日
きょう,ようやくセミの鳴き声を聞きました
ひとしきり大雨を降らせたあとで,午後からは束の間でしたが日差しもありました。その時,蝉時雨にはほど遠いものでしたが,近くの公園でセミが一斉に鳴き出しました。いよいよ「梅雨明け」です。

奈良県地方気象台のホームページの「生物季節観測」がセミの初鳴きを記録したのは7月6日。
私が「勝手に梅雨明け宣言」をしたのは,8日後の7月14日。そしてきょう,近くの公園でセミの鳴き声を聞きました。昨年は7月12日でしたから,ちょうど1週間遅いことになります。

天気予報では,梅雨前線は日本列島上で,南下北上を繰り返し,今週いっぱいは雨への注意を呼びかけています。各地の被害も小さくないようです。ですから,「密かに梅雨明け宣言」をすることにしました。
[PR]

by gakis-room | 2006-07-19 16:50 | つれづれに | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/3406603
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by saheizi-inokori at 2006-07-20 10:18
豪雨のニュースを見るたびにgakisさんの苦笑い?を想像してました。役人も正しいときもある?
Commented by 高麗山 at 2006-07-20 12:43 x
気象予報士の国家試験に、合格していない人が、公の場に予報したり、断定すると罪になりますゾ!。(ウソ!)      ”当たるも天気、当たらぬも天気” 懲りずに、予報して下さい。ついでに、予報士試験に挑戦されては如何?
Commented by gakis-room at 2006-07-20 20:42
saheiziさん,きょうも朝からの大雨を恨めしく眺めていました。三千院では阿弥陀三尊に亡くなられた方々のご冥福を祈ってきました。
Commented by gakis-room at 2006-07-20 20:54
高麗山さん,予報士試験なんて滅相もありません。ところで,次の「予報」は「ツクツクボウシが鳴いたら=夏の終わり=秋の始まり」というものです。ちなみに昨年は9月7日でした。


<< 雨の日の三千院      秋田の幼児殺害事件への私のいらだち >>