2006年 07月 13日
真夏日を浴びて咲いているキキョウ
d0006690_18362361.jpgきょうの昼過ぎ,「例の田舎道」でキキョウを見ました。群生とはいえませんが,たくさん花を咲かせていました。

真夏日を浴びて,群がって咲いているキキョウを見るのはは不思議な感じでした。というのはこれまでの私の中でのキキョウのイメージは,「月明かりの下に咲く花」,あるいは「日陰の草むらに1本さいている花」というものでした。

なぜ,そんなイメージを持っているのかは自分でもよく分かりません。きっと,写真か何かで印象づけられたのだと思います。こうした「刷り込み」あるいは先入観は少なくありません。

たとえば「夏のウグイス」をイメージすることは難しそうですが,「例の田舎道」では今でもウグイスの鳴き声を聞くことができます。「秋のモンシロチョウ」を「遠くの公園」で見たのは昨年のことでした。

「刷り込み」の怖さは,刷り込まれていく過程が自覚できないことにあるのかもしれません。「自衛のための先制攻撃論と真夏日の下に咲くキキョウ」,私の中でどのように刷り込まれていくのでしょうか。
[PR]

by gakis-room | 2006-07-13 19:01 | つれづれに | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/3381430
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by haruikuyoshi at 2006-07-13 21:26
まさに自分で理解していない所で様々なものが自分の脳裏に刷り込まれています。何事も冷静になって考えることが必要なのかも、、です。
Commented by saheizi-inokori at 2006-07-13 21:30
房総の勝浦の森は夏こそウグイスの声に満ちます。まあ、他の土地でもソウなのでしょうが。
思い込み、刷り込まれ、先入主を捨てて物を見ることが大事だと、このブログでもときどき教えられますよ。
Commented by gakis-room at 2006-07-14 09:12
haruikuyoshiさん,ご指摘の冷静さ,あるいは自省を時として忘れしまい,いつも事後に悔やまれてしまいます。まさしく煩悩です。
Commented by gakis-room at 2006-07-14 09:14
saheiziさん,この時期のウグイスの鳴き声って本当に澄んでいて,きれいです。春先なんて,ふん,といった感じです。録音したいくらいです。


<< 勝手に「梅雨明け宣言」      明日から55日間,真夏日が続き... >>